人気ブログランキング |

カテゴリ:住*France【お犬サマ】( 5 )

子ザルの友、「わんこ」

パティシエールM嬢からもらった子ザルのおもちゃ。

d0010182_22181373.jpg

「わんこ」と名ずけてて、初めはあまり興味を示さなかったけど、
最近、あちこちに持ち運んでいる姿をよく見かけ、
寝るときもベッドまで持ってくる。

d0010182_22181402.jpg

このぬいぐるみは犬用枕として作られたもので、
子ザルも自然と枕にしてること多々。

d0010182_22181465.jpg

子ザルとわんこの、名コンビ。


*************************************

その他のリノベーション・DIY記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************

更新を通知する


by cinq-etoiles | 2019-05-16 07:00 | 住*France【お犬サマ】 | Trackback | Comments(2)

子ザル、獣医さんへ

去年の子ザルの予防注射をすっかり忘れていて、獣医さんへ。
それに気が付いたのは、もうすぐ期限が来る狂犬病予防注射。
これは3年に1回で、一度期限を過ぎてしまうと一からやり直しで、
ものすごく面倒な手続きを再度辿らないといけないため、
かなり気をつけていたから覚えていたけど、
それとは逆に、毎年の予防注射を忘れてしまう...というボケっぷり。

毎回、注射されても全く何の反応もなく、
もしかして、注射されていることにさえ気が付いていない?的な子ザル。(爆)

無事に注射を済ませ、帰り道のジャルダン・ピュブリック公園へ。

d0010182_09001509.jpg

この日は気持ちのいい快晴で、
公園で日光浴する人も徐々に増えて来た。

d0010182_09001527.jpg

またまた公園で小枝を拾って家に持ち帰る子ザル。
得意げ子ザルのショートビデオに飛びます↓↓



更新を通知する


by cinq-etoiles | 2019-05-04 07:00 | 住*France【お犬サマ】 | Trackback | Comments(0)

日向ぼっこ子ザル

日に日にいい季節になってきて、
早くも3月くらいからテラスが使えるように。

d0010182_00530484.jpg

ボルドーの夏は38度まで気温が上がるんで、
今頃の季節が一番過ごしやすいのかも。

子ザルもすっかりいい場所を悟ってお昼寝タイム。


更新を通知する


by cinq-etoiles | 2019-04-16 07:00 | 住*France【お犬サマ】 | Trackback | Comments(0)

子ザルの1ミリの野生DNA

野生な一面が全くといっていい程ない、ウチの子ザル。
ただひとつ、DNAなんだろうな〜と思う行動が。

d0010182_01162284.jpg

それは、小さい頃から鳥を見るとすごく反応すること。
鳩が近くにいると反射的に飛びかかる。
かといって、実際に鳩が近付いてくると一目散に逃亡するビビり子ザル。^^;

路上で、鳥の一部である羽根を見つけると即座に拾って、
子ザルなりの捕獲レベルに大満足気。(笑)

d0010182_01162224.jpg

元々、プードルは鳥猟犬。
ぼけぼけ子ザルにはほど遠いけど、
その1ミリのDNAが反応してるとしたら面白い。


更新を通知する


by cinq-etoiles | 2019-04-08 07:00 | 住*France【お犬サマ】 | Trackback | Comments(0)
先日ダンナに「子ザル、階段を登るときに左脚を浮かしたまま登ってたで。」と言われ、
ちょっとおかしいけど、天然子ザルならあり得そうな仕草だな〜と思い、そのままスルー。

その後、子ザルが階段を登ってるところに遭遇したので、
改めてじっくり観察してみると、ダンナの言っていた通りの仕草。

d0010182_21212868.jpg

階段以外は、4脚使ってフツーにちゃんと歩いているし、
脚や足裏を見ても触っても、なんの問題もなし。
「??」と思いつつ、様子を見ることに。

その後、スーパーのデリバリーが来た時に、
全開する玄関のドアから外に飛び出さないように子ザルを持ち上げた瞬間、
「キャインキャイ〜ン!」と大声で鳴いてビックリ。
いつも通りの抱き方で、痛くなる要素なんでどこにもないのにこれは変!
早速、ネットで検索して近い症状を探したら、
”ヘルニア”の症状に当てはまる感じ。

速攻、かかりつけの獣医さんへGo!
いつもの先生に、脚をあちこち伸縮させられ、
頭を両前脚の間に押し込まれたり、背中の方へ反らされたり、
最後に注射もしたけど、面白いほどなされるがままの無抵抗な子ザル。(爆)
入念に関節や骨を触診してもらった結果、
ただの「腱鞘炎」!(笑)

心当たりがあるとすれば、この前日に長めの散歩に出掛けた時、
猫を追って何メートルもの間、リードをかなり引っ張っていて、
後脚に無理な力が入ったのが原因か?!という程度。
とにかく、大したことなくて良かった。

d0010182_21212833.jpg

数日間だけ階段の上り下りも極力控えさせて、
この通りすっかり元気に。


更新を通知する

by cinq-etoiles | 2019-02-22 07:00 | 住*France【お犬サマ】 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから、ボルドーに引っ越しました!


by cinq-etoiles