改装途中の記事はコチラ↓↓



ゲストが来たら一番使う頻度が高い、ベッドルーム②
ここの壁はすべてペイントで仕上げることに。
改装前は、こんな古〜い壁紙が...↓

d0010182_18332613.jpg

改装業者には、この壁紙を剥がして壁を平らにして、
アンダーコートを塗ってもらってペンキが塗れる状態まで完了。
ホワイトに少しグレーが入ったカラーでペンキ塗りスタート。

d0010182_18332654.jpg

壁の輪郭をペイントしてから、中をローラーで一気に。

d0010182_18435369.jpg

もちろん、ペンキは2度塗り。
ハシゴを登ったり降りたりの繰り返し、
ローラーの上下運動で二の腕大活躍!
壁のペンキ塗りって、結構な肉体労働=3

スカーティングボードもホワイトに塗って、完成〜!

d0010182_18435423.jpg

後は、ラジエーターをベージュ、窓枠をグレーにペイントして、
ストレージの中の壁をペイントすれば完成。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-06-24 18:53 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム①の壁紙貼り。

改装途中の記事はコチラ↓↓



ここはメインのベッドルームで、
すでに家具やカーテンも取り付け済み。
なので壁紙を貼るには面倒な状態。><

まずはこっちの壁から、壁紙貼りスタート。

d0010182_20264481.jpg

そして、完成↓↓

d0010182_20160194.jpg

カーテンやカーテンレールが高い位置にあって、
しかも重いため外す方が大変なんで、
やりにくいけどこのままの状態で貼った、、、面倒。><

d0010182_20080450.jpg

そしてもう一面の壁は、バスルームのスライディングドアがある壁。
この写真↓は家具が入る前。

d0010182_18252414.jpg

このドアは寝室のドア(右)と隣り合わせになっていて、
家が建てられた1900年当時のオリジナルで
天井に合わせたかなり大きなドア。
現在のスタンダードサイズでもあるスライディングドアと比べると、
こんなにも高さが違うため、それを強調したくないんで、
同じグレーにはせず、この壁のペンキカラーのベージュに。

d0010182_20255811.jpg

スカーティングボードもホワイトに塗って、
天井のモールディングと壁とのコントラストもできて、
お互いの価値を最大限に。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-06-17 20:39 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム③の壁紙貼り。

改装途中の記事はコチラ↓↓



改装会社に古い壁紙を剥がしてもらって、
壁をキレイにしてもらった状態。

d0010182_14053204.jpg

そしてココからはワタシの仕事=3
今回の壁紙はしなやか素材で、仕事もスイスイ。

d0010182_14053207.jpg

予定通り、この一面の壁紙貼りは終了〜。
残りの壁2面は、ペンキ塗り。

d0010182_14053208.jpg

この壁と左のストレージの扉4枚、
そしてスカーティングボードをペイント。

d0010182_14053394.jpg

このスカーティングボードをホワイトに塗った後の壁。
ピシッと部屋が引き締まる瞬間が大好き♪

実はこの壁の正面には石壁があるので、この部屋の壁4面は、
1面(石壁)+1面(壁紙)+2面(ペンキ壁)と、
3種類の違った壁でアンバランスにならないように、
ペンキ壁は壁紙のベースカラーに限りなく近いカラーを。

d0010182_14293307.jpg

ウチのように壁の一部が別の素材でできている場合、
残りの壁をすべてペンキにするのが一番無難だけど、
ちょっとオリジナリティーを出したい場合は、
壁紙xペンキカラーを同じにすることで、
変化をつけながら統一感をキープ。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-06-12 14:52 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
連日、家の仕上げに朝から晩まで奮闘していて、
すっかりブログがご無沙汰...
家中の壁やドアのペンキ塗りは半分以上が片付いてきたけど、
同じことばかりでは飽きてくるんで、
先週は気分転換に、ステュディオの壁紙貼りに着手。

改装途中の記事はコチラ↓↓



実際にきちんと壁紙を貼るのは今回が初めて。
ステュディオの壁は、片面だけを壁紙に。
この向かいの壁は、微々たるグレーが入ったような、
ホワイト系のペイントが完了。

d0010182_07481583.jpg

このデザインが気に入ってネットで買ったけど、
「ザ・紙!」な素材で、貼りにくいのなんのって、、、><
通りで値段も安かったワケ。

d0010182_07481547.jpg

かなり悪戦苦闘しながらも、ガーデンに面した壁は完了!
その後、キッチンのある部屋に取り掛かる。

d0010182_07481532.jpg

この貼りにくい壁紙のクセも把握してきて、
自分なりにコツと対策を使いつつ、
随分とスピードもアップしてきた↑↑

そして遂に、完成〜!

d0010182_07481584.jpg

ラジエーターもグレーに塗って一体感を。
スカーティングボード(幅木)もホワイトにペイントして、
ステュディオは完成!
あとは家具やデコレーションの段階へ。


*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-06-06 08:17 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(1)
エントランスの完成。
結局、壁のモールディングは、ほぼ一人で1週間がかり。

改装途中の記事はコチラ↓↓





ビフォー↓↓
d0010182_01435744.jpg

アフター↓↓

d0010182_07031685.jpg

カラーはかなり黒に近いダークグレー。

d0010182_06520218.jpg

モールディングから上のホワイト壁の余白部分が多く感じるけど、
かと言って、ウォールランプの間にフレームを飾るには微妙なスペース。
何かすごいいいアイデアが見つかったらプラスするけど、
とりあえずはこのままでいいかな。

d0010182_07080704.jpg

まだ全ての家具やインテリアデコを買ってなくてガランとしてるけど、
最終的には、玄関近くにファブリックのベンチと、
突き当たりの石壁に大きな鏡やオブジェを配置予定。


*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-05-28 07:09 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(2)
先週から黙々とエントランスのモールディング作業。

改装途中の記事はコチラ↓↓



d0010182_01270129.jpg

モールディング素材は、強度のあるプラスター(漆喰)製。
初めは、モールディングのスペシャリストにお願いするつもりで、
見積もりも出してもらってたけど、
自分で出来そうな気がしてトライしてみることに。

d0010182_01153803.jpg

今年の誕生日に入手した電動ノコギリで、
スカーティングボード(幅木)やモールディングをカット。

d0010182_01184957.jpg

モールディングパネルの上にさらに同素材のバーを追加。
その下にはMDF製のスカーティングボードを設置。
壁のディテール通りにカットするのが難しい。
隙間はプラスターペーストで埋めて、その後はサンディング。

d0010182_01224553.jpg

建物が古くて壁や床がまっすぐではないためギャップが発生し、
パネルやバーの継ぎ目が目立たなくなるまでペーストで埋めたり、
サンディングしたりの地道な作業。

d0010182_01224527.jpg

モールディングを装飾する前の途中までペイントした壁。

d0010182_01350990.jpg

そして、モールディング作業中の壁。

d0010182_01312001.jpg

そして遂に昨日ペイントも完了して、無事完成〜!
初めて得たスキルで達成感がいっぱい♪
続きは次回・・・★

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-05-23 01:42 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ステュディオルームにある、バスルーム④の完成。

改装前の記事はコチラ↓↓


改装途中の記事はコチラ↓↓


新しいバスルームとなる、改装前の水回りだけがあった場所。
d0010182_22312204.jpg

d0010182_22241596.jpg

d0010182_22241509.jpg

d0010182_22241556.jpg

そして、完成!

d0010182_06240824.jpg

d0010182_06231734.jpg

d0010182_06223911.jpg

この部屋には2つ目のキッチンがあり、
バスルームもこの部屋専用のため、
完全に独立した部屋として利用可能。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-05-18 06:34 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム③にある、バスルーム③の完成。

改装スタートの記事はコチラ↓↓


改装途中の記事はコチラ↓↓


改装前のバスルーム③↓↓

d0010182_22215522.jpg

そして、完成!

d0010182_22215556.jpg

改装前の、バスタブ側サイド。

d0010182_22215513.jpg

完成図↓↓

d0010182_22215554.jpg

d0010182_22215592.jpg

この写真の手前にあたるスペースに、
洗濯機と乾燥機あり。
その部分を隠したいけど構造的に無理そうなんで、
どういう風にスッキリできるか考え中〜。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-05-10 22:39 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム②にある、バスルーム②の完成。


改装前の記事はコチラ↓↓


改装途中の記事はコチラ↓↓


改装前のバスルーム②。

d0010182_23470491.jpg

そして、完成!

d0010182_23470560.jpg

d0010182_23470533.jpg

d0010182_23470545.jpg

シャンプーなどを置くガラス棚も取り付け完了。
タイル専用のドリルビットも買って自分で取り付けられるように。^^v

d0010182_23470576.jpg

ここはシャワードアを付けるスペースがないため、
スッキリしたデザインで場所を取らずに
水跳ねをシャットアウトするものを探していたら、
シャワー用ロールカーテンをドイツで発見→取り寄せ。
長さが最長のもので240cmとウチの270cmまで30cm足りず、
2つ買ってミシンで縫い合わせてカスタマイズ。
これでシャワー時に水が飛び散らず問題解決。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-05-05 23:59 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
家改装のディテール仕上げが進み始めて、
完全に完成し始めた部屋からアップデート。

買った当時の記事はコチラ↓↓


改装途中の記事はコチラ↓↓


これ↓は、改装前の昭和なバスルーム。

d0010182_18545279.jpg

そして完成したバスルーム①↓↓

d0010182_19400919.jpg

d0010182_19400933.jpg

頭の中で組み立てていた3D完成図が、
実際に出来上がる瞬間は快感♪

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-05-03 19:45 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(1)
相変わらず更新が怠ってますが、
家の改装仕上げに奮闘してる毎日=3

天井(下地&本塗り)と壁(下地ペイント)は改装業者にお願いしたけど、
それ以外のペンキ塗りは自分たちで...ということで、
ひたすらペンキ塗りがスタート。

まずは、ドアから。
家中のドアのビフォーは全てがこんな感じ↓↓

d0010182_07271132.jpg

収納部分のドアを含めると、25枚のドアが存在してて、
しかも両面あるんで50枚のドアペイント=3
高さが2.5mあり、面倒なモールディングもがっつり。

古いためヒビが入ってたり隙間があったりで、
ウッドペーストで埋める作業から。

d0010182_07271278.jpg

ペンキ塗りの下準備だけでも数時間を要する作業で、
しかも、ドアとフローリングの境界線部分に目が行くと、
古いフローリングの汚れや過去のペンキが気になりだし、
これもキレイにしながらの作業。

d0010182_07271239.jpg

d0010182_07271225.jpg

主要部分のドアから塗り始め、
徐々に印象がガラッと変わってきた瞬間。

d0010182_07271284.jpg

ドアペイントと同時に、窓のフレームも同色に↑↑

d0010182_07271299.jpg

石壁の色が明るいため、ドアは濃い目のグレー。
ペンキを塗りだすと、一気に思い描いているイメージに近づいてきた。
主要なドアのペンキ塗りはあと4枚を残すところまできたけど、
収納部分のドアがまだなんで、やっと半分やっつけられた段階。><

d0010182_07271364.jpg

ドアのハンドルも、ボルドー産の特殊な丸い木のハンドルから、
モダンなブラックマットのハンドルへ変更。

旧ハンドル内部のメタルバーが現代のバーよりも細く、
自分たちでは変更不可能と思い、
ハンドル業者に変更依頼の見積もりを出してもらったけど、
結局ネットで色々と検索して、微調節できるアイテムを発見し、
自分で変更することに成功!
ハンドル変更だけでも、20万円の余計な出費を抑えられた。^^v




*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-04-28 08:06 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
この家を買う前に、不動産屋さんと初めてヴューイングした時に、
この階段の手すりの鉄格子を見た瞬間、
「黒かダークグレーにすべき!」と思った場所。

その後、この家を買うことになり、改装がスタートして、
この部分のペンキ塗りもお願いしようと思ってたけど、
予想通り、この細かくて塗りづらい部分のペンキ塗りコストが高くて、
自分たちで住みながらしようということに。

d0010182_06384124.jpg

買った直後もペンキ塗りをしてる自分を想像してたけど、
まさにそれが、今の状態。

d0010182_06384237.jpg

想像通り、めっちゃ大変〜〜=3(笑)
階段なだけに、下からハシゴが使えず、
見えない部分は、とりあえず感頼りで空中塗り。^^;

d0010182_06384264.jpg

石部分にペンキをつけてはいけないんでテキトーなことも出来ず、
下から塗れていない部分をチェックしては上がって...の繰り返し。

細かい部分が多く、元のペンキが白ということもあって、
おかげさまで、小さな塗り忘れも一目瞭然。(笑)
そしてもちろん、ペンキは2度塗り。

d0010182_06384297.jpg

一人で塗り始めた時は、やってもやっても進んでない感があって、
途中から助っ人に来てくれたダンナおかんとペアになって、
おかん1度塗り、ワタシ仕上げ塗りのナイスコンビで仕事が一気にはかどる=3

d0010182_06384269.jpg

で、コレ↑でやっと半分くらい。
ちなみに、3日目。
色は黒ではなくダークグレー。

そして、ついに完成ーー!

d0010182_06384205.jpg

ふ〜〜〜〜〜っ、1週間かけて完成=3
一つ仕事が片付いたけど、
まだまだこの10倍の仕事が山積み。
がんばろ〜。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-04-22 07:24 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)

誕生日プレゼント

家の改装仕上げに追われ、
パソコンに向かうヒマがなく、なかなかアップ出来ず。

さて、先日の誕生日のプレゼントはコレ⤵︎を買うことに。

d0010182_00591948.jpg

2年前のクリスマスプレゼントにマキタのドリルを買って、
今回は誕生日に、マキタの電動ノコギリ。

こういうのが一番役に立ってウレシイ♪
これで出来ることの幅が広がるぞー!


# by cinq-etoiles | 2018-04-18 01:08 | ショッピング@France | Trackback | Comments(0)
先週末の誕生日は、ボルドーから車で約2時間の
海辺の街、アルカッションへ。

d0010182_06012240.jpg

天気が曇りでイマイチだったけど、
ボルドーに引っ越して来てから休むヒマなく掃除と片付けに追われ、
夜には疲れ果ててたアタマとカラダのために、
バースデーは何もしないでの〜んびり過ごすことに。

d0010182_06012324.jpg

アルカッションは避暑地としてフランス人に人気の街で、
名前は何度も聞いたことがあったけど、今回が初めての訪問。

d0010182_06012310.jpg

遠くまで続く砂浜は、犬立ち入り禁止。
砂浜大好き子ザル、残念〜〜!

d0010182_06012380.jpg

イースター連休でオープンしてるお店も少なく、
テキトーにランチを済ませて、海辺のカフェでまったり。
塩キャラメルとバニラアイスが美味しくて癒された。

家に帰宅後、ロンドンを離れる時に、
Y嬢からプレゼントしてもらったシャンパンで乾杯!

d0010182_06012359.jpg

一緒にお祝いしてくれたロビンはんからも、
ワタシが大好きなイタリアのディフューザーDr. Vranjes

年々、欲しいモノがなくなってきて、
数年前からは、レストランディナーで済ませることが多いけど、
ダンナにはあえて誕生日プレゼントじゃなくてもいい、
実用的なアイテムをリクエスト。
それはまた、後ほど。

・・・と言いながら、最近、家のDIY仕事があまりにも膨大で、
ブログをする時間&気力がなく1日が終わってしまう毎日。
先日から、ダンナおとん&おかんもヘルプに来てくれて、
みんなでひたすらDIY。
おかげで進行状況が目に見えるようになったけど、
それでも、一体いつ終わるん?!という感じ。^^;

また時間を見つけて、ブログアップしま〜す。


# by cinq-etoiles | 2018-04-10 06:31 | アニヴァーサリー | Trackback | Comments(0)
先週末はワタシの誕生日ウィークエンドということで、
イタリアからロビンはん自宅改装後の第一ゲストとしてボルドー入り。

土曜日のランチに、マルシェと色んなバーやレストランが集合してる、
昨年10月にできたボルドーの新しいスポットへ。

Les Halles de Bacalan(レ・アール・バカラン)

d0010182_22261918.jpg

ココは去年ボルドーに滞在していた時に偶然見つけた、
スペインのメルカートを彷彿させる活気のあるスポット。
すっかり気に入って、そのうち全部のバーやレストランをトライして、
自分たちのお気に入りのお店を開拓しようと企んでいるところ。

d0010182_22284226.jpg

今回は、魚がメインのバーカウンターへ。

d0010182_22332093.jpg

ワタシにはちょっと塩がかかりすぎてた感があったけど、
魚は新鮮なんで、その日に好きな魚があればまたトライしたい。

ランチの後は、マルシェで新鮮な素材も買えて一石二鳥。
翌日は海辺の街、アルカッションへ。


# by cinq-etoiles | 2018-04-03 22:47 | 食*France【マルシェ】 | Trackback | Comments(0)
ボルドーに引っ越してから、3週間。
掃除や片付けに追われてほとんど家の中で缶詰状態だったのが、
先日、やっと時間を見つけてセンターへ。

d0010182_00360527.jpg

そしていよいよ、自分たちが担当する改装工事の仕上げのDIYがスタート。

まずは、今週末からゲスト第一号の友達が遊びに来るため、
ゲストルームを急ピッチでそれなりに形にする。

d0010182_00371954.jpg

カーテンレールの取り付け。
天井が高いから、ハシゴに乗って背伸びをしてのドリルで穴あけ。
ゲストルームとワタシたちのベッドルームのカーテン取り付け完了。

その後は、ゲストルームのバスルームのドアペイント。

d0010182_00380010.jpg

ドアはモールディングがあったりと、
壁を塗るよりも時間がかかって面倒。

最終的には、家中のドア(15枚x2)のペンキを塗り変えるんで、
こんなのまだまだ序の口。

新しく買ったエントランスの家具。

d0010182_00381662.jpg

デザインx値段xカラーの3つ共が納得いくものがなく、
結局、デザインx値段だけで購入し、グレーにペイント。

この家具、実は靴収納用。
玄関に靴箱っぽいのを置くのがいやで、
普通の家具を靴箱用に。

ゲストルームと自分たちのベッドルームがやっと形になり、
連日の作業も掃除や片付けから解放されて、
ワタシの好きなDIY段階に入って来てウレシイ♪


*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-04-01 01:25 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)

ディナー "Mets Mots"

ボルドーに引っ越して来てから、もうすぐ2週間。

いくら掃除をしてもx10、一向に終盤が見えて来ないんで、
プロの掃除業者にお願いしようと見積もりに来てもらうも、
未だに見積もり来ず...(←フランスあるある)

結局、ダンナと二人で2週間、朝〜夜まで掃除をし続け、
残すところ、窓の掃除のみになった今日この頃。

山積みのダンボールも掃除が終わったところから片付け始めて、
ようやく掃除&片付けも終わりが見え始めて、ちょっと余裕が出て来た。

そんな中、モチベーションを上げるためにディナーにお出かけ。

Mets Mots

d0010182_17493535.jpg

ピエール・ガニエールで働いていたシェフが最近オープンしたレストラン。
ダンナが1人でボルドー入りしていた時に来たことがあるらしく、
すごく美味しかったと言っていて気になっていたお店。

ディナーの4コースで40ユーロ。
一流レストランのスキルがダイレクトに伝わって、
どれもすごく美味しく、この値段はかなりお得。
ロンドンだと1つ星でもおかしくないレベル。
家からも近いんで、かなりリピートしそう♪

続々、到着する家具の組み立てや、
大量のペンキ塗りなどの最終仕上げの課題が山積み=3
これらもコツコツ着実にがんばろ〜。


# by cinq-etoiles | 2018-03-23 17:54 | 食*France【中級フレンチ】 | Trackback | Comments(4)
土曜日の朝にロンドンを車で出て、
日曜日の夜に、ボルドー到着。
ワタシにとっては人生で11回目のお引越し。

ボルドーの家の改装は9割終了していて、
残るはペンキ塗り、キッチンのワークトップインストール、ガーデン。

到着したと同時に、プラスターの粉の掃除に追われて、
新しい家を満喫どころか、掃除で始まり掃除で終わる日々。><
改装工事業者も大まかには掃除をしてくれていたけど、
拭いても、拭いても、拭いてもx10、
翌日にはまたプラスターの粉が付く...の繰り返し。
住居が広くなったのはいいけど、この掃除の大変なこと。
ドア、窓、モールディング、ありとあらゆる隙間まで。(涙)

キッチンの水道がまだ繋がっていないので、
連日、Delivelooディナー。
まぁ夕方には疲れ果てて、
何も出来ない状態なんでちょうどいい。

そんな中、さらに仕事が増加したのは、
ロンドンから出した引越し荷物が、昨日到着=3

d0010182_06483073.jpg

138箱のダンボールを片付ける前に、
棚の中のプラスターも綺麗にしないと。

事前にオーダーしていた家具も届き始めてるけど、
まだ届くのに数日かかる家具もあって、
片付けるにも片付かない状態...

残りの改装作業部分は自分たちでするんで、
いつになったら手がつけられるやら・・・

とにかく、掃除と片付けをコツコツ頑張りま〜す=3


# by cinq-etoiles | 2018-03-16 07:21 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(2)

ロンドン、ありがとう!

ダンナの希望で、パリからロンドンへ
生活の拠点を移したのが14年前。
初めの1年は、イギリスの文化に慣れるのが大変で、
何度も「もう、パリに帰ろう...」と。
でも自分に負けるのがイヤで「あと少し頑張ろう」を繰り返し、
1年が経過し始めた頃から徐々に楽しくなり、
それからは友達もたくさん出来て楽しさ倍増♪
2〜3年の滞在のつもりが、気が付いたら14年!

この長い年月の中、ロンドンで得た経験は、
ワタシたちの人生においてはとてもプラスで、
今後の人生プランにも大きく影響を受けることに。

数年前から、ワタシたちのココでの目標は達成した感があり、
次の新しい世界へダイブしたくてウズウズ。
そう、あと数日で、ロンドンから次の着地点、
ボルドーへ羽ばたきます。

というわけで、次回からのブログアップは、
ボルドー・メゾン改装も含め、
ボルドーから発信しま〜す。


# by cinq-etoiles | 2018-03-09 06:41 | お知らせ!! | Trackback | Comments(6)
この家の中で一番存在感のある螺旋階段。

d0010182_05100119.jpg

ここは今回の改装で、最も改装する個所が少ない場所。

変更するのは、階段のランプが各踊り場にしかないため薄暗く、
天窓がある一番上の階を除いては、石の壁と相まって暗い雰囲気。

d0010182_05102735.jpg

なので、各階の螺旋壁に沿って、
5個ずつウォールランプを設置することに。

d0010182_05104353.jpg

ビルダーさんのテンポラリー作業台の設置方法にびっくり。
木の板と壁が釘で固定されてるとはいえ、
見た目的にすごいミニマリストな足組み。(冷汗)

d0010182_05110207.jpg

このランプ、実は通常は屋外用のランプ。
石の壁を角度30℃の光の線で上下に照らしたかったため、
色々と探した結果、このデザインのライトが最適で、
一般的なシルバーカラーにしてしまうと”ザ・屋外!”になってしまうので、
石の色とも相性のいいコッパーカラーをチョイス。

全ての階にあみだくじ法でウォールランプを取り付けてもらって、オン!

d0010182_05112174.jpg

以前の暗いムードがなくなって、モダンでフレッシュに!
この部分のランプを5x3=15か所も付けることに、
「付けすぎちゃう?」と、何度か反対してたダンナ。
でもココだけは譲れずに、押し通して正解!
階段が持ってるいい存在感を最大限に引き出せて、
階段も喜んでいるように見える。(←完全に自己満。笑)

あとは、手すり柵の現在のホワイトのメタルバーを、
マットブラックにペイントすればココは完成。
これはワタシたちの仕事.....かなり大量なんでいつ終わるやら。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-03-01 05:56 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
エントランス部分は出入りが激しいため、
工事の最後に取り掛かる場所。



工事現場はあちこちに工具があって、
床も真っ白なんで、子ザルさんはこちらで待機。
昔の”馬留め”が、現在は”子ザル留め”。(笑)

d0010182_20492934.jpg

エントランス壁全体の腰あたりまで新たなモールディングを設置するため、
左側の一部にある石壁をプラスター壁に統一。

d0010182_20502771.jpg

壁にウォールランプを設置するための電気配線も完了。
この後、モールディング専門会社にオーダーしているものを、
スペシャリストに設置してもらう予定。

d0010182_20504315.jpg

床は以前のモザイク↓を撤去。

d0010182_20510381.jpg

この家が建てられた時代に誕生した
セメントタイル(carreaux de ciment)に変更。

d0010182_20512274.jpg

このセメントタイルは、名前の通りセメントを色付けして作られたタイルで、
幾何学模様などの独特なデザインが特徴。
フランスでもここ数年、大きく再ブレーク中のインテリアアイテム。
流行りのものを取り入れるのは好きじゃないけど、
この家の個性には、これ以上に相性がいいものがないほどしっくりくるタイルで、
同じ時代のマテリアルがなせる技。

d0010182_20513730.jpg

ウォールランプも設置されて、
あとは両サイドにモールディングを取り付ければ完成!


*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-24 21:05 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ステュディオのキッチンインストール。



この手前左にある大きなダンボール辺りにキッチンを設置。
柱の向こうは、主に夏専用のリビングになる予定。

d0010182_07463304.jpg

この壁一面がキッチンの場所。

d0010182_07464976.jpg

テーマは、ブラックxトープ。

d0010182_07471596.jpg

シンプルにしたかったんで、壁上部にユニットは設置せず、
下のユニットをまっすぐ3.5m。

d0010182_07472609.jpg

換気扇は壁と同じホワイトのモダンなデザイン。

d0010182_07473616.jpg

ワタシの予定では、換気扇の真裏にダクト菅の出口があると思っていて、
壁には換気扇だけがある感じで設置してもらうはずが、
換気パイプの出口が上部にしかないため、
どうしてもダクト菅が出るのでこうなった、、、と言われた。
実際に見ていないんで詳細は分からないため、
次回のボルドー入りまで待ってもらうことに。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-21 08:01 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
メインキッチンの設置は工事会社とは別に、
キッチンのスペシャリストの会社に依頼。




キッチン選びの詳細に関しては→コチラ

キッチンのレンジフード(換気扇)のダクト管のポジションに問題があって、
上部ユニットと暖炉の間の20cmほどのダクト管の一部が
どうしても露出してしまうため、まずはその問題解決。

d0010182_03180837.jpg

色々と考えた結果、通常は丸いダクト菅だけど、
露出する20cm部分のダクト管だけ平らなものを使って、
壁に這うように設置し、石壁と同じカラーでペイントするのが一番いい案だと思って、
それをボルドー入りしているダンナに
ロンドンから電話で説明するが、、、もぉ〜大変。

d0010182_03182238.jpg

初めて聞くパーツがあったと言う事もあるけど、
パーツごとに説明してもピンと来ないようで、
急きょ3Dを作成して説明後、時間がかかってやっと伝わった。
こう言う事が多々あって、工事進行中で変に疲れる部分。^^;

d0010182_03190231.jpg

そしてその問題のダクト菅をカムフラージュして完成した図↓↓
どうしても見えてしまうけど、あまりにも気になるようなら、
この部分のサイズのユニットを特注して完全に隠す方法もあり。

d0010182_03200643.jpg

問題が解決してほっとしたところで、またまた別の問題が発生!

キッチン電化をビルトインするのに、1つのドアが取り付けられない・・・と。
実は、ビルトイン用キッチン電化のドアとユニットドアの結合方法が2種類あって、
キッチン電化購入時に自分のユニットドアのシステムがどちらかを調べてから、
それに合ったビルトイン電化を買わないといけないと言うことを知らず、
冷凍庫だけが別のシステムで、取り付けられない、、と。><

イギリスでは1種類しかないのか、
ロンドンのキッチン改装時には何の問題も発生しなかったので、
全く予想外の展開。

d0010182_03202611.jpg

右は冷蔵庫で、こちらは問題なく合体成功。
問題は、この左側にある冷凍庫のシルバードア。
このドアをユニットドアに結合する予定が、
まさかのシステム違いで不可能ということが判明。><

d0010182_03203800.jpg

大半(8〜9割)のシステムがAであれば、
ワタシが買った冷凍庫はたまたま稀なBタイプ。
キッチン電化はかなり早い段階で手配していたため、
購入から3ヶ月以上は経過してるんで、今さら返品も不可能。

何とかしてドアを取り付ける方法がないか調べたけど、
B→Aに変更は可能でも、ワタシのパターンはいくら検索しても出て来ない。
なので諦めて、この冷凍庫のドアは結合せずにビルトインしてもらうようお願い。
要するに、2枚扉になってしまうけど、
これは冷凍庫専用で頻繁に開閉しないという理由と、
自分で何とかして結合してやる〜!と密かに企むことに。

d0010182_03205541.jpg

・・・が翌日、ダンナからの連絡で、
「ちゃんとドア同士がくっ付いてる〜!」と。↑↑

ビルダーさんが何とか手持ちのパーツを使ってトライしてくれた模様。
自分でも現地入りしたら、実際に見てから何とかトライしようと思ってたけど、
ビルダーさんの責任でもないのに解決してくれて本当に嬉しい♪

d0010182_03210780.jpg

このメインキッチンは3日間かけて丁寧にインストールしてくれて、
ステュディオのキッチンは4日目に。
今回の問題以外にも、予定外のカスタマイズをしてくれたりと、
スペシャリストにお願いして本当に良かった。

この後、ワークトップは大理石のスペシャリストにお願いしていて、
実際のサイズを計測に来てもらってからオーダーカット後、
インストールしてもらう予定で、それが完了したらようやく完成。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-18 03:36 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
家の一番下の階にあって、工事の順番的には
一番最後に取り掛かっている部屋。

ココはシネマルームとして使用する予定で、
場合によってはゲスト用のベッドルームにも併用できる部屋に。




最近になってようやく、新しい壁と天井を作る工事へ。
またまた写真がダンナ撮影で、かなりボケボケ・・・

d0010182_07053931.jpg

新しい天井が設置されて、スポットを内臓。
壁は新しい壁が半分、あと半分はオリジナルの石壁を保存。
そして、部屋の一部にボイラー室を設置。

d0010182_07060631.jpg

以前はコンクリートのむき出しだった床は、
薄くコンクリートを流して平らに整えてもらって、
この後、カーペットを敷く予定。

d0010182_07062561.jpg

カーペットは2ヶ月前にオーダーしたけど、
再チェックしたら違うデザインがオーダーされてて、
キャンセルするために何度もしつこくメール&電話をしても一向に返金されず、
実際に返金してもらうのに1ヶ月半!も要した。←フランスあるある

コンクリートの床とカーペットの間には、
8ミリくらいの厚さのコルク製シート。
コルクは防寒&防音効果があるコスパのいい素材。

d0010182_07063828.jpg

スポットに電気も通って、新たにカーペットの再オーダーも完了。
でもダンナがボルドー滞在中の3週間の間には届かず、
ビルダーに受け取ってもらうようオーガナイズする予定。
カーペットが到着して、敷き詰めたら完成。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-13 07:10 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ヨーロッパの古い家は雰囲気があっていいけど、
工事となると、モダンな家に比べて余計な工事部分が多くなる。

例えば、雨戸のペンキを別のカラーにする場合。
古い家のものは雨戸が木製で素材のクオリティがよく、
ダメージが大きくない場合は、
新しいものを買うよりもリペアして使いたい。
そうなると、ペンキを剥がす作業から。

d0010182_22283589.jpg

細かい部分が多いため、専用のツールを使っても
1枚の雨戸のサンディングにかなりの時間がかかる。

d0010182_22312792.jpg

これが10枚以上あったけど、リペア自体の費用は
労力を考えると思っていた以上にリーズナブルで、
新しいものを買うよりも若干安かった。

もう一つは、ドアのペンキ剥がし。

d0010182_22322718.jpg

古ければ古いほど、色の違うペンキが何度も上塗りされている確率が高く、
それらを全部剥がしてサンディング後にペンキを塗った方が
ペンキの持ちもいいし、もちろん仕上がりもキレイ。

d0010182_22333395.jpg

以前は、ブルーのドアとホワイトの雨戸だったのを、
全て同じトープカラーで統一の予定。

d0010182_22431743.jpg

フローリングの復活作業も、古い物件ならでは。
カーペットの下から出てきたヘリンボーンのフロア。

d0010182_22381386.jpg

ノリが全体にべったりと張り付いていたけど、
無事に救出されて、見事復活!

d0010182_22402720.jpg

昔のフローリングは、一枚板で厚みがあり、
クオリティのいい木が使われているため、
表面を削ることが可能。

d0010182_22404284.jpg

部分的に黒くなっていたところもサンディングで取り除き、
オイル仕上げにしたら蘇った。

d0010182_22405893.jpg

昔のものは素材がいいのでリペアに対して耐久性があり、
素材独特の何とも言えない存在感がある。


*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-10 22:48 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
今回の全改装の中でも大きな工事費を占めたのが、
電気配線を全て新しくすること。
プラス、新たにコンセントや照明をかなり追加。



石壁の部分が多いため、普通のプラスターの壁と違って、
壁の中に埋め込む配線方法が違い、
かなり仕事量が多くなり時間もかかる工事。

d0010182_05483866.jpg

石壁の中にどうやって配線を通すかと言うと、
石の部分を削ってしまうと復元ができず、埋めた跡が残ってしまうため、
石と石のジョイント部分を削って、そこに配線を埋め込むという方法。

平行に配線を埋め込む場合は特に問題はないけど、
床レベルにある配線を上部まで持っていく場合は、
ジョイントを辿って、こんな感じで工事。

d0010182_05490668.jpg

そう、名付けて、”あみだくじ”法。^^;
こういう場所がほとんどで、ケーブルの量も倍、もちろん時間も倍。

d0010182_05493587.jpg

コンセント、スイッチ、テレビケーブル、
インターネットケーブルだけでも合計で約150ヶ所。
さらに、キッチン電気器具、ビデオインターフォン、
スピーカー、スポット、天井ライト、ウォールランプ...
本当に気が遠くなる仕事。

d0010182_05500277.jpg

この階段のウォールランプもあみだくじ法で、
1フロアごとに5つのウォールランプを付けるため、
ここだけでも合計で15ヶ所のあみだくじ。^^;

d0010182_05504530.jpg

本当に時間のかかる工事部分で、
ようやく配線埋め込みも終盤に入り、
一部にはライトが付き始めて、
一気に家らしくなくなってきた。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-08 05:57 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
バスルーム③のタイル貼りがスタート。

それまでの記事はコチラ↓↓



セメントだった床に、防水パネルを貼って、
トイレの周りのタイル貼りがほぼ完了した図。

d0010182_21245942.jpg

ウォールハンギングのトイレを設置。

d0010182_01302171.jpg

シンク家具の設置も完了。
しかし、ここで問題発生ー!

d0010182_01392016.jpg

ワタシがわざわざ3Dで作った
詳細なサイズ付きの資料を渡しているにも関わらず、
シンク台の高さが10cmも低く取り付けられていた。><

d0010182_01350181.jpg

何のために資料を渡しているか分からんのかー!という怒りを抑えて、
有無を言わせず、やり直してもらうことに。

こういう時に、確固たる証拠(=資料)を渡しているというのは非常に強く、
自分のイメージ通りに作り上げてもらうにはもちろんのこと、
問題発生時に最も役に立つ、改装時の必須アイテム。

そして資料通りに再設置してもらったシンク台。

d0010182_21255967.jpg

シンクの両側の旧ポジションのタイルが欠けてる部分の貼り直しと、
上に移動した余白部分のタイルを貼ってもらって、無事完成。

d0010182_21264430.jpg

そして、シャワーブース。

d0010182_02061674.jpg

1面だけブラックタイルを指定していて、
このタイルの方向も資料で”縦長に貼る”と記載、
プラス、ワタシがボルドーにいる時にも口頭で説明したのに、
横長に貼られていた....><

d0010182_01545286.jpg

でもこれをやり直してもらうには、
タイルを新たにオーダーしないといけないため、
とんでもない時間がかかるんで、
この部分は工事費から引いてもらう予定。

d0010182_02011699.jpg

ワタシにとっては、縦と横では全くデザイン性が変わってくるんで、
思い描いていたイメージ通りにならないのはすごく残念。
もしここがメインのバスルームなら絶対にやり直してもらったけど、
ゲストルームということもあり許容範囲で判断。

お金で気持ちが解決する問題ではないけど、
大きな視野で何が最も重要かを見極めたら、
本当に重要なことって、実は少ししかない。
それ以外のことはサッパリ切り捨て、次に進んだ方が賢明。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-07 21:37 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(2)
バスルーム③のタイル貼りがスタート。

それまでの記事はコチラ↓↓


フローリングだった床に、防水パネルを貼る。

d0010182_19253399.jpg

右側のシンク家具とトイレが設置される壁は、
120㎝の高さまでタイル貼り。
その上は、ペンキの壁に。

d0010182_19260375.jpg

このタイルはバスルーム②と同じデザインの色違いで、ここはブラック。

トイレのタンクシステム横の壁の中に空洞の厚みスペースがあるため、
ビルダーV氏からのオファーで、小さめの棚を作ってもらった。
ルームディフューザーでも置こっかな~。

d0010182_19263262.jpg

このタイルをすべて貼り終えた時点で、
オーダーしたタイルがギッリギリだった...とV氏から聞いて、
この棚を作ったおかげで助かったという結果に。
タイルはできるだけ無駄がでないように、
必要面積+αで結構ギリギリの枚数をオーダーしたワタシの仕業。^^;

バスタブのある壁は、別のデザインのタイル。

d0010182_19270758.jpg

ココはバスルーム②と同じタイルをオーダーしてたけど、
デリバリーされる前日に、運搬途中でタイルが大量に割れた...と連絡があり、
しかも同じタイルのストック確保に時間がかかるといわれ、←フランスあるある
急きょ、似たタイルを手配してもらったけど、
結局、何だかんだでかなり時間がかかった。

d0010182_19274195.jpg

タイルはかなり早くから手配してたからなんとか間に合ったものの、
フランスはショップ側とデリバリー側の対応が本当に遅いから、
資材の取り寄せには最悪のパターンを考えながら、
かなり余裕をもって手配していて正解。
サイトに”3日でデリバリー”と書いていても、
ほとんどのお店は記載以上の日数がかかって信用できない。

d0010182_19290520.jpg

床のタイルは互い違いにずらして貼ってもらい、
後は、目地入れ、ペンキ塗り、シャワー、ガラスパネル、トイレ、
タオルヒーター、シンク家具、照明をつければ完成。

d0010182_19294063.jpg

ほとんどの資材はネットショップで買ってるけど、
特にタイルに関しては、フランスはイギリスに比べてチョイスが少なく、
一つのショップですべてのバスルームの気に入ったタイルを揃えるのに苦労した。

サイトに記載されていても、実際はストックがないことが多く、
オーダーしてからスペインやイタリアから取り寄せられるため、
どちらの国も仕事が遅いので時間がかかる。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-05 19:42 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
バスルーム②のタイル貼りがスタート。

それまでの記事はコチラ↓↓



d0010182_06494578.jpg

ここも以前の床がフローリングだったため、
防水床パネルを貼った後、シャワーブースの土台設置。

d0010182_06502715.jpg

この素材も色んなものがあって、
ワタシがフランスで調べたものは主に以下の3種。

アクリル製
見た目も一目でプラスチックと分かるもので、値段も安い。

石パウダーxレジン製
石のパウダーとレジン(合成樹脂)を混ぜて作ったもので、
見た目は石っぽい質感。
強度と重量があり、値段に幅がありそこそこなお値段。

ストーン(石パウダー)製
大理石などの石で出来たもの。
見た目も美しく重量もかなりあり頑丈、値段もグンと上がる。

ワタシが選んだのはコチラ↓↓、石パウダーxレジン製。

d0010182_06504616.jpg

このタイプを選ぶときの重要な注意点としては以下の2点。

・何%の石パウダーが混ざっているか
・色付けが内部まで着色されているか

シャワーの土台選びで一番大切なのは、
モノを落としても欠けない丈夫なものを選ぶこと。
なので、石のパウダーが多いほど強度があり、クオリティが高い。

内部まで着色しているものを選ぶ理由は、
表面にしか色が付いていない土台は、
キズやモノを落とした時にその部分だけ剥げてしまうから。
内部まで着色している場合はキズが付いても目立たない。
ただ、石パウダーxレジン製については、
表面着色だけの製品でも高い値段で出回っているため、要注意!

ちなみに、ワタシが購入したこのブラックカラーの土台は、
90x90cmの大きさで、石のパウダーが60%、重さ22㎏。
内部まで着色されていて、ダイアモンドディスクでカットも可能。
この大きさだと値段幅は、約300~500€くらいの間。

シャワーブースとシンク&トイレスペースのタイルは違うデザインに。
まずは、シャワーブースはこんな感じ。

d0010182_06510393.jpg

グレージュのタイルにクリアブラウンのモザイク。
この後は天井までグレージュのタイルで覆われる。

d0010182_06511621.jpg

シンク&トイレスペースの壁120㎝までの高さに、
大理石素材のマットグレーの凹凸タイル。

d0010182_06512951.jpg

このタイルの上部部分と正面の壁は、ダークグレーのペンキ壁に。

床はシャワーブースと同じグレージュタイルの予定が、
この部屋の天井を開けたときにスペースがあり、
天井をマックスに高くしたのと、急遽シャワーブース手前に壁を作ったため、
床用タイル分を使い果たし、急きょ、床用タイルを新たに手配=3

d0010182_06514261.jpg

ちょうど在庫処分セールになっていたいい感じのタイルを安くゲット。
六角形で、同じく石っぽい質感のマットグレー。
ビルダーさんがこのタイルを設置しているのを見て、
六角形は手間が掛かることを初めて知る...^^;

d0010182_06515551.jpg

タイルを敷き終えて、目地が入る前の状態。
目地はダークグレーにしてもらうことに。

後は、シャワー、トイレ、タオルヒーター、
シンク家具、ペンキ塗り、照明が入れば完成。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-02-02 06:55 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
バスルーム①のタイル貼りがスタート。

それまでのビフォー記事はコチラ↓↓


プラスターボードが貼られて部屋らしくなり、
これから一気に変貌する段階へ。

d0010182_19454219.jpg

以前は床がフローリングだったため、
床全体に防水パネルを張ってから、まずはバスタブを設置。
その後、新しい壁にどんどんタイルが貼られていく。

d0010182_19454231.jpg

シャワーが付く部分にはタイルと同じ素材で
タテにモザイクタイル。

バスルームのシンク家具の下の部分に、
各水道管がストップできるステーションを設置。

d0010182_19454242.jpg

トイレは壁に取り付けるウォールマウントで、
通常ならタンクシステムが壁の中に隠れるところが、
残念ながら壁の位置関係でそれが出来なかったため、
ボックスタイプにして同じタイルで統一感を。

d0010182_19454262.jpg

あとはバスタブの側面も同じタイルを貼って、
床は別のブラック&タイル、片面の壁にはダークグレーペイント、
トイレ、シャワー、ガラスパネル、タオルヒーター、
シンク&家具、照明を付ければ完成。

d0010182_19454283.jpg

今回選んだ全てのタイルの中で一番気に入ってるのが、
このバスルームの床タイル。

d0010182_19454348.jpg

六角形のマットなブラックで、
数種類の微妙に違うレースっぽい繊細なデザイン。
仕上がりが楽しみ~♪

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


# by cinq-etoiles | 2018-01-31 19:56 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから、ボルドーに引っ越しました!


by cinq-etoiles