ボルドーの家、改装~!<リビング&ダイニングルーム 梁交換&New壁編>

リビング&ダイニングルームの進行状況。
これは↓↓改装前。

d0010182_20284763.jpg

一部の壁を撤去するため、その補強となる、
鉄鋼フレームワーク↓↓が完了。




d0010182_20284749.jpg

一部、水回りがあった場所の床を撤去したら、
梁が痛んでいたため、新しい梁に交換。

d0010182_20284810.jpg

新しくなった梁↓↓

d0010182_20284628.jpg

古い家は開けてみると痛んでいるところが多く、
何かと追加工事の発生はつきもの。

d0010182_20284701.jpg

この部屋の壁のほとんどが石の壁で、明るいハチミツ色で気に入ってるけど、
石の分量があまりに多いとシャトーっぽくなって、
雰囲気が重々しく、悲壮感が漂ってしまうのと、
全てが石だとそれが当たり前になって、
石本来の存在価値が評価されないため、
新旧をうまくミックスしてお互いの価値を上げるために、
部屋の半分をプラスターボードの新しい壁にしてペンキの壁にすることに。

d0010182_20284763.jpg

手前の石壁スペースは、ダイニングルーム。
窓側のペンキ壁スペースは、リビングルーム。

お互いの違う雰囲気がケンカしないように、
ペンキ壁の一部を開けて石壁を見せることで、
上手くコラボするようにしたくて、
ビルダーさんに渡しておいた、ワタシがイメージする3D完成図。

d0010182_20285991.jpg

これをベースに作ってくれた新しい壁。

d0010182_20285918.jpg

石壁を照らすように、スポットx2と隠しコンセントも内蔵。
この石壁フレームの場所には、
何か絵を飾るか、または何らかの装飾をするかは、
家が完成してからの新たな宿題。

ダイニングとなる石壁の一部に大嫌いな壁素材が使われていて、
それを抹消する作業。
壁の左側1/3に、石ではなくCrépi(クレピ)と呼ばれる、
簡単に言うとプラスターにツブツブが入ったもので施工されているため、
統一感を出すために、これを変更する作業。

d0010182_20285901.jpg

実はこの家が建築された当時の間取りは、
この壁の裏にある階段の背後が通路になっていて、
その通路を通じて階段を挟んだ向こうの部屋と、
行き来が出来ていたという間取り。
現在この旧通路は、真ん中で仕切られて収納スペース。

通路の入り口の役目を果たしていた部分を塞いだ時に、
ローコストで済むCrépi(クレピ)を使ったと思われる。

この壁一面を同じような石で統一するには、
厚さ2㎝ほどの石のパーツを全体に張り付けること。
そして完成したのがコチラ↓↓

d0010182_20290054.jpg

・・・と、この部屋の進行状況はここまで。
現在は、資材のストック置き場状態。

d0010182_20285998.jpg

古い窓を撤去して、サイズを大きくした新しい窓をオーダーしているので、
それが出来上がったら窓を取り付けて、
部屋半分にプラスターボードを張って、
新しいフローリングを敷いて、ペンキを塗れば完成予定。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


トラックバックURL : https://cinqetoile.exblog.jp/tb/26270910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by cinq-etoiles | 2017-12-26 20:45 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから、ボルドーに引っ越しました!


by cinq-etoiles