ボルドーの家、改装準備A to Z~!<設計図+3Dの作成>

先日アップした下記の記事「改装準備A to Z~!」の、
①~④までを一気に紹介。

初めに不動産会社の人と、この家を訪問したときに、
家の間取りを出来る限り頭にインプット。

その後、忘れないうちに大まかな設計図の作成に取り掛かる。

フランスでは図面がないことが多々なんで、
設計図に関しては、自分で作るか建築士に依頼。

ワタシの場合は、経費節約と自分で変更できるフレキシブルさを求めて、
自ら作成するのがモットー。

d0010182_04113003.jpg

2回目に再訪問したときは、この家を買うつもりでいたため、
不動産屋の了解を得て、すべての個所を実測させてもらう。
この時に活躍するのが、自分で作った初めの図面。
ここに、実測した数字をどんどん書き込んでいく。

d0010182_03555788.jpg

すべての個所の実際の数字が分かったら、
実測値に合せて設計図を変更する。

d0010182_03403636.jpg

窓やドアの大きさ、凹凸の個所などの細かいところは、
その後に何度も足を運んで実測して付け足した個所。

d0010182_03403680.jpg

こうして、ほぼ実寸の家の設計図の完成!

この設計図を元に、レイアウトや水回りの変更、
部屋の使用目的の変更などを検討しながら、
改装後の自分が理想とする設計図を作る。

その後、インテリアを大まかに考えて、
設計図のソフトウェアに入っているインテリア素材で、
自分がイメージするものに出来る限り近い3Dを作成する。

d0010182_04081600.jpg

これで、ビフォー&アフターの設計図は完成。

次は、”電気系統の設計図”の作成・・・つづく。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


トラックバックURL : https://cinqetoile.exblog.jp/tb/25831343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by cinq-etoiles | 2017-10-07 04:32 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから、ボルドーに引っ越しました!


by cinq-etoiles