<   2014年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

今回の改装で、最も緊張した大掛かりな工事部分。
それは、バスルーム&キッチンとリビングを仕切っていた壁を取り除くこと。

この↓↓白い壁の大部分と上部の収納をすべて取っ払い=3

d0010182_250655.jpg

この打ち抜こうとしてる壁、、、実はウチの上に数階ある全フラットを支えていて、
厚さ35cmもの大黒柱ならぬ、大黒壁=3

なので、その抜いた壁部分には、代わりとなる鉄骨フレームを設置。
上階の数階分はもちろん存在したままで、支柱壁を抜いて鉄骨に変更するという大仕事。

下の写真に写っているのは、ワタシの相棒(笑)ビルダーG氏。
彼の足元に横たわる、4m強あるH型鉄筋。
これが4本あり、組み合わせてフレーム型にして使う大黒壁の代役。

d0010182_2502492.jpg

ここで登場するのが、構造エンジニア会社の人々。
厳密な計算と設計図で、抜いた壁部分の代わりとなる鉄骨のタイプ、
長さ・太さ・強度レベル、進行手順などを出してもらって、それに従って工事を進行。

d0010182_250403.jpg

この段階でミスしていると、何十トンもの上階を支えることができず、
徐々に建物にヒビが入って、建物構造にダメージを与え、
取り返しのつかない大きな被害にもなり兼ねない責任重大なステージ。

テクニック、正確さ、慎重さが必要となる工事だけど、
実は今回のビルダー、こういう工事は初体験=3

経験がないため、ワタシたちも含め、もうみんなでキンチョーしまくり!!

構造エンジニアに、何度も現場に来てもらったのはもちろん、
ビルダーがエンジニアのオフィスへ行って詳しい説明を受けたり、
ダンナも別の日にわざわざコンタクトをとり、説明を受けに行ったりで緊張度もMAX・・・(笑)

まずは、"ニードル"という鉄筋のバーを天井に近い部分に平行に入れ、
この6本で、壁を抜いたあとも上階を支える"テンポラリーの支柱”をセッティング。
このニードルの大きさやポジションも、すべて計算されたもの。

d0010182_2505872.jpg

そしていざ、壁を抜くと・・・
ジャーーーン!

d0010182_2512619.jpg

バーがいっぱいで分かりにくいけど、すっかり壁がなくなって、
壁の向こうにあったバスルームとキッチンの窓が見える状態に。

そして鉄骨フレームのボトムとなる部分を床に埋め込む作業開始。
床を掘り下げていくと、、、出た!バイプ・・・><

d0010182_2514467.jpg

古い建物なんで、これまでもあちこちから得体の知れないパイプは色々出てきたけど、
ここに出られると、すっごく困る。

何のパイプかを調べるため、いろんなところから水を流して音を聞くという、
原始的な方法で調べたけど、パイプの壁が厚いらしく全く音が聞こえないけど、
恐らく、位置的にテラスから繋がってると予想され、このパイプはカットできないと判断。
他のプロにも確認を・・・と言うことで、ビルディングコントロール会社に依頼し、
この上にコンクリートを流し込み、その上に鉄骨バーを設置可能か調査してもらうことに。

結果、パイプの強度、鉄骨の深さもぎりぎりパスし、
パイプ ⇒ コンクリート ⇒ 鉄骨 ⇒ コンクリートの順で作業。

d0010182_25274.jpg

ボトムの鉄骨を設置後、コンクリートで固め、
サイドの2本の鉄骨を設置、それから上部のバーを組み入れてフレーム完成。

これの鉄骨の合計が、約1トン!

d0010182_2522785.jpg

もちろん、ビルダーの力では持ち上がらないんで、
鉄骨会社の人に依頼し、移動式ジャッキのようなもので持ち上げたらしい。

というのも、この作業の日は、多数のビルダー+鉄骨会社の人たちで満員、
プラス、危険な作業現場だったため、毎日現場監督に行ってたワタシでさえ、
この日は立ち入り禁止、発令~!・・・見たかったなぁ~。(爆)

この一連の作業にかかった時間は、約2週間。
こうしてドッキドキの大仕事も、無事完了~!

そして以前あった壁の位置から2mほど手前の位置に、新しい壁を作る作業がスタート。

d0010182_252521.jpg

日本でも何度か実家を建てた経験があって、工事現場を見たことがあったけど、
日本の家は木組みが基本になって建てられてるんで、
精密な作業で成り立っていて技術的なスキルを感じるけど、
こっちのブロックで作る行程がおもちゃみたいで、ワタシでも出来そう!(笑)

こうして、新しい壁の基礎が完成!

d0010182_2531190.jpg
この後、プラスターボードが付けられ、一気に部屋らしくなる。
この↓↓壁と天井の凸部分が、鉄骨フレームの名残り。

d0010182_2532942.jpg

なぜこの部分を天井や壁の中に入れて隠さなかったというと・・・
ウチの建物は歴史的保護建築物に指定されているため、
この部分に"壁が存在したという証し"を残すべし!という、
カウンシルの完全に意味不明な保守的なルールがあるため、
部屋の真ん中に凸部分が残った状態に・・・

d0010182_2534634.jpg

そして、あのおもちゃのブロック塀が、完璧な壁に完成!

d0010182_254851.jpg

こうして、以前あった壁を取り去り、鉄骨フレームを入れ、
別の場所に新しい壁を作るという、今回の改装で一番大きな工事が無事終了~。

次回はいい加減(笑)、最終回=3



****************************

自宅大改装!◆初めの第一歩、ペーパーワーク編
自宅大改装!◆工事の進行方法
自宅大改装!◆収納スペース編①
自宅大改装!◆収納スペース編②
自宅大改装!◆マテリアル選び・バスルーム編
自宅大改装!◆マテリアル選び・キッチン編
自宅大改装!◆マテリアル選び・フローリング編
自宅大改装!◆ライティング編
自宅大改装!◆こだわりのハンドル編
自宅大改装!◆ペンキ&ウォールペーパー&カーテン編
自宅大改装!◆最終回ハイライト!ビフォー&アフター編

****************************


by cinq-etoiles | 2014-03-31 03:12 | ロンドン・フラット改装/DIY | Trackback | Comments(1)

ランチ "鮨徹"


ロンスマちゃん、K嬢と鮨徹ランチ。

d0010182_8104060.jpg

定期的に決まっている予約日には、よっぽどの用事がない限り、
アイドルのコンサートチケット並みの数時間に渡る電話コールのため、
毎回、丸1日予定を全く入れない日。

経験上のアベレージでは、1~2時間休みなく掛け続けて繋がる感じ。
一度だけ、5時間ずーーっと掛け続けたにも関わらず、繋がらなかったことも。
ちなみにiphoneのリダイアルカウントは最高で100回。
それ以上はカウントされません。(笑)

この努力の甲斐あって、さらにありがたみを感じるお鮨。

by cinq-etoiles | 2014-03-30 08:21 | 食*UK【ジャパニーズ】 | Trackback | Comments(0)

La pâtisserie des rêves

少し前にロンドンにオープンした、La pâtisserie des rêves

d0010182_22264227.jpg


以前、パリで数種類買って味比べをしたときもそうだったけど、
ココのケーキはパリブレストとサントノレは美味しいと思うけど、
好みじゃないケーキもいっぱいあるんで、この2種類だけのために、
あまり来ないこの界隈まで来るのが億劫な感じ。^^;
ウチの界隈に2店舗目ができるというのも聞いたけど、それならウレシイ♪

お店に、試食用のホワイトチョコムースのケーキがあってトライしたけど、
全~く好みの味じゃなく、店員さんのオススメにもお断り。^^;

ヴィエノワズリー系もデニッシュ生地が多く、ブリオッシュまでデニッシュ生地。
ブリオッシュはやっぱりフワフワ系であって欲しい・・・と思うんだけど。
個人的にはロンドンで一番美味しいブリオッシュは、Aux Merveilleux

ココは、ちょこちょこ焼いてるんで焼きたてに出会う確立が高く、
オーブンに入ってからでも20分くらい待てば焼きたてが買える。
お店でコーヒーを飲んで待ってるとスグ。
オススメは、ブリオッシュ(シュガー粒入り)。

ぷらぷら歩いて帰る途中で、ガマンできずに1個は完食してしまうため、
それを見越して多めに買うのが常識。(笑)

by cinq-etoiles | 2014-03-29 18:36 | オススメ♪ | Trackback | Comments(0)

ランチ "Tozi"

前回の記事で書いたランチ後、
2件目に移動したのはTozi

ココはタパスタイプのイタリアン。
すでにちょこっと食べていたので、少しだけオーダーするにはピッタリ。

d0010182_18371128.jpg

このピザ、写真では大きく見えるけど手のひらサイズ。
すべてこのようなスモールポーションで、数種類をシェア。

お店がは広くて開放感あり、料理は普通に美味しいイタリアンといった感じ。
わざわざピンポイントで行くほどでもないけど、家が近ければ使えるレストラン。
かなりの席数があるので、大人数で予約するには便利なアドレス。

アイスはバニラとヘーゼルナッツをオーダー。
あっさりしてるにも関わらず、きちんとコクがあって美味しかった♪

by cinq-etoiles | 2014-03-28 18:41 | 食*UK【イタリアン】 | Trackback | Comments(0)

ランチ "A.Wong"

ロビンはんYokoはんとランチ。

いい評判を聞いていて気になっていたチャイニーズ、A.Wong

d0010182_413729.jpg

飲茶をいろいろオーダー。
見た目はオシャレな感じで、期待度アップ。

他店と変化を出そうというチャレンジ精神は伝わってくるけど、
合わせてる素材同士が生かされてない感じ。
全体的にはフツーに美味しいけど、やっぱりYauatchaのほうが断然美味しい。

上記の飲茶をシェアした時点で、これ以上ココでお腹をいっぱいにするのは勿体ないという気分なり、
この後、腹5分目の状態で別のお店にランチハシゴ・・・(笑)

by cinq-etoiles | 2014-03-28 04:17 | 食*UK【チャイニーズ】 | Trackback | Comments(0)

南仏ディナー "HANgoût"

毎朝、ホテルのブレックファーストが楽しみで、ちょっと早起き。

d0010182_4453353.jpg

・・・と言っても、8時過ぎ。(←ワタシにとっては早い。笑)

その後、今回初めて見つけた、ニースの近くの海岸お散歩コースへ。

d0010182_4453815.jpg

ずーっと工事してた、ニース中心地の公共スペースも出来上がってた。
マセナ広場から続く広い空間に、噴水あり、芝生あり、
かなり楽しそうな子どもの遊具ありで、いい感じになってた。

d0010182_4454216.jpg

この日のディナーは、1年前から楽しみにしてたレストランへ・・・

というのも、去年、南仏でのバースデーパーティの時期に知り合った、料理人T氏
気さくな彼の好意で、借りてたヴィラにて腕を振るってもらったときに、
その3コースディナーの美味しさと、T氏が料理する手際の良さやテクニックを見られた貴重な経験。

そのT氏が、昨年6月にニースの旧市街に自身のレストランHANgoûtをオープン。
その時から、彼のレストランに来るのを楽しみにしてた♪

旧市街の小さな通りにひっそりとあるレストランへ・・・
この日のディナーセットメニュー38€をチョイス。

d0010182_4454699.jpg

アミューズブーシュとスターターはかなり日本食寄りで、繊細な味に京都を思い出した。
メインは、かなりボリュームのあるビーフ=3
このお肉の美味しいこと!!
こんなに分厚いのに、中も外も火入れ具合が完璧=3
お肉の甘さを消さないエシャロットのさりげない和風ソースが美味しい。
デザートは、抹茶のムースとバニラアイス。
これもすごく軽くて甘くなく、レモンゼリーのレイヤーが爽やか。
個人的には抹茶の味がもう少し濃いほうが好み。

日本人にとっては、野菜の湯で加減で固さが残ってるのは当たり前だけど、
ヨーロッパでは野菜に完全に火が通り、ぐでんぐでんになって、
野菜の旨みも流れ出てしまってるのは日常茶飯事。
隣のテーブルの年配仏人カップルが、野菜の調理法と美味しさに感動してた。

この日のディナーがすごく美味しかったんで、最終日のランチも予約しようと思ったら、
あいにく、その日のランチタイムはお休み、、、残念!
ニースの中心にはいまいち美味しいレストランがないんで、T氏のレストランはありがたい存在。
保証つきのレストランが増えてウレシイ♪

最後に、南仏の休日ショートムービー。




by cinq-etoiles | 2014-03-27 05:26 | France【ニース】 | Trackback | Comments(0)
昨日まで滞在してた、南仏キロク。

いつも宿泊する大好きなホテル、La Réserve de Beaulieu & Spa

d0010182_3445092.jpg

到着した日は雨だったけど、翌日からは南仏日和。

d0010182_3445640.jpg

バスルームのアメニティが、愛用してるフレグランスのCarvenに変わってた♪

d0010182_345066.jpg

そして、ホテルのレストランRestaurant des Roisにてのディナー。

d0010182_6312574.jpg

2年くらい前に、2つ星から1つ星に降格してからも、
まだまだ2つ星並みに美味しいと感じてたけど、
今回は1つ星という評価に納得した内容だったことがちょっと残念・・・

d0010182_3452940.jpg

以前の敏腕シェフだったOlivier Samson氏はここを辞めた後、
自分の出身地ブルターニュでLa Gourmandièreという、自身のレストランをオープン。
星を取るのも時間の問題と思っていたら、
オープンして2年も経たないうちに、やはり1つ星獲得★
ダンナの実家がブルターニュだけど、ちょっと遠くて毎回時間がなくて行けずじまい。
今年こそ、行かないと~=3

by cinq-etoiles | 2014-03-26 04:08 | 食*France【高級フレンチ】 | Trackback | Comments(1)

初泳ぎ?!

ニースではもう泳いでる人が=3

d0010182_6154862.jpg

朝晩や日陰にいると肌寒いけど、
日差しの照ったところにいると初夏みたい。


by cinq-etoiles | 2014-03-25 06:16 | France【ニース】 | Trackback | Comments(2)

真っ青!

浅いところは見事なエメラルドグリーン。
青い海を見るだけで癒される〜♪

d0010182_18102669.jpg

今日はさらに暑くて焼けそう・・・


by cinq-etoiles | 2014-03-24 18:12 | France【ニース】 | Trackback | Comments(0)

ニース旧市街でディナー

昨年オープンした友人のレストランでディナー。
写真はスターター。

d0010182_9141860.jpg

絶対に美味しいと確信はしてたけど、
メインのお肉の火入れがバツグンで唸った=3
どの素材も最大限に生かされてて想像以上!

by cinq-etoiles | 2014-03-24 09:10 | France【ニース】 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles