カテゴリ:食*UK【家ゴハン&デザート】( 298 )

ダンナ料理

週末のダンナ料理。

d0010182_05470446.jpg

この日のメインは、和牛ステーキ。
完全に残り物でしのいだ感が丸分かりなサイドメニュー。^^;



by cinq-etoiles | 2016-05-15 05:52 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)

夏気分、満喫♪

夏時間になって、夜8時でもこの明るさ♪

d0010182_07270703.jpg


ロゼワインとパンとおつまみ系で、
夏気分を満喫=3

ちょこっと洗濯モノが見えてるのはご愛嬌(≧∇≦)



by cinq-etoiles | 2016-05-14 07:22 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)

ブランデーケーキ

どうしてもブランデーケーキが食べたくなって、
初めて作ってみることに。

d0010182_16420249.jpg

パウンドケーキが焼けたらたっぷりのお酒、
大好きなグランマルニエを染み込ませて、
4日間、冷蔵庫で寝かせる。

d0010182_16420937.jpg

普通のケーキと違って日持ちするから、、、と思って、
この大きさのモノを2台作ったけど、
どうせなら1つずつお酒の種類を変えて、
2種類楽しめばよかったな~と。

待機期間の3日目にガマン出来なくて1スライス食べたけど、
やっぱり4日目以降のほうがもっとしっとりとしてて◎


by cinq-etoiles | 2016-04-28 16:55 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)

ダンナ料理

週末のダンナ料理。

メインは、ラムショルダーロースト・プロヴァンス風。
サイドに、フェンネルソテー・オレンジソース、トマトグリル、
パースニップスピュレ、ガーリックコンフィ。

d0010182_18242797.jpg

このラム肉のプロヴァンス風はすごく好きな料理。
”プロヴァンス風”とは、パン粉、パセリ、ガーリック、
ローズマリー(すべてみじん切り)を、
オリーブオイルでミックスして、肉の表面に覆って焼くだけ。
カリカリに焼けたハーブパン粉が美味しい!

サイドは、特にフェンネルソテー・オレンジソースが美味。
これはダンナ自らが作りながら沸いてきたアイデアの料理で、
ソテーしたフェンネルにオレンジを絞って、バルサミコで味を調整。

パースニップスピュレも、ポテトピュレよりも軽くて◎
パースニップスはオーブンでローストし、それをピュレ。
そこへ、塩、コショウ、バター、牛乳で味を調整。

ガーリックコンフィは、ダンナの定番料理となりつつある1品。
オイルに漬けたガーリックを数時間オーブンでスロークック。

デザートは、ワタシ担当。
プラムのコンポートとイチゴ。

d0010182_18243450.jpg

コンポートしたプラム、
イチゴ、生クリームを添えただけの簡単デザート。


by cinq-etoiles | 2016-04-26 19:09 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(1)

ワイン★ディナー

ある日の家ゴハン

d0010182_05202944.jpg

ワインと食の両方が同じ割合でメインなディナー。
完全に飲む気満々なラインナップ=3


by cinq-etoiles | 2016-04-12 05:23 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(2)

家ディナー

家ゴハン。
ラムラックのプロバンス風ロースト。
d0010182_02095466.jpg

本当はラム肉の肩部分を使いたかったけど、
ショルダー肉は二人だと大きすぎるため、ラムラックで。
でもコレでもすんごい量=3^^;

d0010182_02100344.jpg

気休めに、肉とは対照的なお上品な野菜たち。(笑)


by cinq-etoiles | 2016-04-02 02:39 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)

和牛ディナー

和牛ディナー。

d0010182_19100922.jpg

男子高生並みのガッツリな大きさ=3
正直なところ、最近ちょっと和牛に飽きてきた^^;


by cinq-etoiles | 2016-03-21 19:12 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)
パスタの中でも、すごく好きなのがロブスターパスタ。
初めて行くイタリアンレストランにこれがあったら、
必ずと言っていいほどオーダーし、
そのレストランが自分の味覚と相性がいいかチェック。

d0010182_19151138.jpg

でも、ひとくちにロブスターパスタと言っても、
いろんな味付けがあって、ちょっと甘口のものやピリ辛を加えたものなど様々。
すべてのバランスが自分の味覚にドンピシャ!と来るものは難しいけど、
シーフードの旨味とトマトソースのバランスがベースにあって、
変に甘さや辛さをつけていないものを好むので、
家でも簡単にできないものか?と思いたって、
何とな~く作ってみることに。

高いロブスター1尾を買って失敗するとイヤなんで、
近くのスーパー(Waitrose)に時々売っているお手頃な尾っぽ部分。
これを使って作ってみることに。

肝心の出汁が出る頭の部分がないけど(汗)、
この尾っぽだけのロブスターから、自分なりに考えた即席な方法で、
旨味を取って作ってみたら、思った以上の味になったので、
以下、覚え書き。

<ロブスターエキス>
お鍋にロブスターが1~2cm浸るくらいの少量の水を入れてフタをし、
中火で、ロブスター全体がお湯に触れるように、
時々、ポジション変えをしながら蒸し煮。
ロブスターが半生くらいに火が通ったところで取り出す。
その煮たお湯(=出汁)を半分くらいまで煮詰める。

<トマトソース>
千切りのエシャロット&ガーリック、塩、コショウをし、
オリーブオイルで炒め、白ワイン少々、
そこに缶詰のトマト(半缶/2人分)を投入。
ココに、煮詰めたロブスターエキスを投入。
ロブスターエキスにはアクが混ざってるため、茶漉しを使うこと。
千切りにしたバジルを入れ、オリーブオイルを適量追加。
これでソースの出来上がり。

※チェリートマトを煮詰めてもいいけど、
トマト缶のほうが濃縮されているので便利。
重要なのは、美味しいトマト缶(トマトの形が残ったもの尚良し)を使用すること。
イギリスだと、下記のDuchyのイタリア産トマト缶がオススメ。

d0010182_19151449.jpg

<仕上げ>パスタ(リングイネ)をアルデンテになる手前くらいに茹でて、
温めたトマトソースに、サイコロ状にカットしたロブスターの身を入れ、
お湯を良く切ったパスタをソース鍋に投入し、すべて絡める。

ボナペティート!

d0010182_19151742.jpg

テキトーに想像で作ったんで、本格的な作り方とは大きく違うと思うけど、
そこそこ美味しいロブスターパスタが自宅でも手軽に=3


by cinq-etoiles | 2016-03-17 19:26 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)

ギョーザ・Cinq軒

たま~に思い立って、大量に作るギョーザ。

d0010182_20271879.jpg

市販の餃子の皮を使ってスイスイ作ってたら、
タネが大量に余ってしまい、餃子の皮がお先に終了~。
家の近所では手に入らないんで、仕方なく手作りしてみることに。

d0010182_20270379.jpg

小麦粉と水と塩を混ぜるだけで簡単ながら、薄~く延ばすのが面倒で、
どうしても市販のものよりも分厚くなってしまう。

焼くとさらに膨らむんで、食べたときも手作りした皮はもっちりと重く、
市販の薄い皮のほうがパリっと美味しく仕上がる。

パスタマシーンがあればこの手間から免れるけど、
餃子の皮は"苦労して作る甲斐なし!"と確定した日。^^;

by cinq-etoiles | 2016-03-14 20:42 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(3)

作るん会!パン編

ウチにて、ロビンはん、A嬢、Mimi嬢と"作るん会"!
この日は、"パン"を作ってみることに。

d0010182_01381225.jpg

パンがメインとなるんで、食事は軽~いモノが中心。

学生時代にパン屋で数年間働いていたのに、
ワタシにとっては、今回が初めてのパン作り=3
すべて手ごねで、ひたすらコネコネ⇒発酵を繰り返し、
や~っとやっと、最終工程のオーブンへ。

d0010182_01381997.jpg

ワインやナッツクランベリーなどが入った、
これだけで十分に美味しいワインパンの出来上がり~!

d0010182_01382386.jpg

この行程を考えると一人で作るか?!は別にして(笑)、
やっぱり焼き立ては、たまらなく美味し~~♪


by cinq-etoiles | 2016-03-12 02:01 | 食*UK* 【お家ゴハン&デザート】 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles