カテゴリ:ボルドー・メゾン改装( 24 )

リビング&ダイニングルームの進行状況。
これは↓↓改装前。

d0010182_20284763.jpg

一部の壁を撤去するため、その補強となる、
鉄鋼フレームワーク↓↓が完了。




d0010182_20284749.jpg

一部、水回りがあった場所の床を撤去したら、
梁が痛んでいたため、新しい梁に交換。

d0010182_20284810.jpg

新しくなった梁↓↓

d0010182_20284628.jpg

古い家は開けてみると痛んでいるところが多く、
何かと追加工事の発生はつきもの。

d0010182_20284701.jpg

この部屋の壁のほとんどが石の壁で、明るいハチミツ色で気に入ってるけど、
石の分量があまりに多いとシャトーっぽくなって、
雰囲気が重々しく、悲壮感が漂ってしまうのと、
全てが石だとそれが当たり前になって、
石本来の存在価値が評価されないため、
新旧をうまくミックスしてお互いの価値を上げるために、
部屋の半分をプラスターボードの新しい壁にしてペンキの壁にすることに。

d0010182_20284763.jpg

手前の石壁スペースは、ダイニングルーム。
窓側のペンキ壁スペースは、リビングルーム。

お互いの違う雰囲気がケンカしないように、
ペンキ壁の一部を開けて石壁を見せることで、
上手くコラボするようにしたくて、
ビルダーさんに渡しておいた、ワタシがイメージする3D完成図。

d0010182_20285991.jpg

これをベースに作ってくれた新しい壁。

d0010182_20285918.jpg

石壁を照らすように、スポットx2と隠しコンセントも内蔵。
この石壁フレームの場所には、
何か絵を飾るか、または何らかの装飾をするかは、
家が完成してからの新たな宿題。

ダイニングとなる石壁の一部に大嫌いな壁素材が使われていて、
それを抹消する作業。
壁の左側1/3に、石ではなくCrépi(クレピ)と呼ばれる、
簡単に言うとプラスターにツブツブが入ったもので施工されているため、
統一感を出すために、これを変更する作業。

d0010182_20285901.jpg

実はこの家が建築された当時の間取りは、
この壁の裏にある階段の背後が通路になっていて、
その通路を通じて階段を挟んだ向こうの部屋と、
行き来が出来ていたという間取り。
現在この旧通路は、真ん中で仕切られて収納スペース。

通路の入り口の役目を果たしていた部分を塞いだ時に、
ローコストで済むCrépi(クレピ)を使ったと思われる。

この壁一面を同じような石で統一するには、
厚さ2㎝ほどの石のパーツを全体に張り付けること。
そして完成したのがコチラ↓↓

d0010182_20290054.jpg

・・・と、この部屋の進行状況はここまで。
現在は、資材のストック置き場状態。

d0010182_20285998.jpg

古い窓を撤去して、サイズを大きくした新しい窓をオーダーしているので、
それが出来上がったら窓を取り付けて、
部屋半分にプラスターボードを張って、
新しいフローリングを敷いて、ペンキを塗れば完成予定。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-26 20:45 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
メインキッチンの進行状況。
改装前のキッチンとなる部屋。

d0010182_07422704.jpg

この部屋はゲストの人を歓迎するサロンとして使われていたため、
家の中でも一番素敵なモールディングが施されている部屋。

前オーナーのマダムが画家だったため、
天井にはメルヘンちっくな天井画が。
ワタシの趣味ではないので、天井画を消す作業とヒビ割れ補修。

d0010182_07422787.jpg

まずは、ヒビ割れたところをすこし削って広げてから、
プラスターで埋めていく作業。

d0010182_07422798.jpg

その後、ペンキ下地の2度塗り。

d0010182_07462077.jpg

その後、ペンキ本塗り2度。

d0010182_07422716.jpg

そして真っ白に化粧直しした天井。

d0010182_07422612.jpg

ビルダーさんにお願いしたのはここまでで、
この後は自分でモールディング部分に別の色を付ける予定。
でもこのまま白もいいな〜と思っていて、
実際にキッチンが入ってからインスピレーションで決める予定。

d0010182_07422623.jpg

ここは元々、水回り関係が全く存在しなかった部屋のため、
新しくパイプを設置する配管工事。

d0010182_07422618.jpg

部屋の真ん中にアイランドを作って、
そこにシンクを配置するため、新たなパイプが床からニョッキリ。

パイプはこの床下=下の部屋の天井との間を通過するため、
この下のシネマルームの天井のフタをする前はこんな状態。

d0010182_07473625.jpg

新しいパイプや電気配線でいっぱい。

フロアーは、古いカーペットを剥がすと、
キレイなヘリンボーンのフローリングのため、
当初のタイルにする予定を変更して、
オリジナルの床を復活させる作業。

d0010182_07422833.jpg

機械でカーペットの糊を剥がす作業に入ったけど、
予想以上に糊がベッタリ張り付いていたため、
もっと強力な機械で再チャレンジ。

d0010182_07422883.jpg

結局、小さめのサンディングマシーンとノミで、
フローリングを傷つけないようにコツコツと作業してくれた。

d0010182_07481432.jpg

最終的にはオイルを塗りこんで完了。

あとはキッチンを入れて、別にオーダーしている
ワークトップを設置をすれば新しいキッチンの完成。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-23 07:52 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(1)
ステュディオのある隣の部屋。

d0010182_21354626.jpg

ここは半地下になるため窓が小さく、
カーブ(物置部屋)&ボイラー室として使われていたため、
全く何の施工もされていない状態。

d0010182_21355230.jpg

湿気もなく状態が良くてそこそこの広さがあるので、
このままでは勿体ないと思い、使用目的を考えたところ、
ワタシもダンナも昔のフランス映画を見るのが好きなので、
すぐにピンときたのが、シネマルーム!

床、壁、天井をきちんと施工して、
シネマルームに変身させることに。

d0010182_21360087.jpg

新しいボイラーをこの部屋の中に設置するため、
その部分だけ小さな部屋にしてドアを付けてもらうことに。

d0010182_21360622.jpg

新しく設置しなおしたお湯&水の配管と、
ボイラーのための換気管や新たな電気系統。

d0010182_21361217.jpg

新しい天井を作ってスポットを内蔵し、
一部の石壁は残して、一部はプラスターのペンキ壁に。
床はシネマっぽくダーク系のカーペットの予定。

この部屋は最後の最後に完成する予定のため、
つい最近、手が付けられたところで完成はまだまだ。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-20 21:52 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
この部屋はガーデンに面していて、
新しくキッチンとバスルームを部屋の中に作るため、
完全に独立したワンルーム部屋(=Studio)に。

詳しいアイデアは、コチラ↓↓




改装前の部屋はこんな感じ↓↓

d0010182_05343256.jpg

一部の石の柱を補強するためのフレームワーク↓↓はすでに完了。



さらに、ガーデン側に少しだけエクステンションして部屋を拡大。

d0010182_05343246.jpg


そして、大きな問題のポンプシステムの設置もありと、
他の部屋よりも何かと作業の多い場所。

d0010182_05343337.jpg

まずは、この古いキッチンを取っ払った図。

d0010182_05343350.jpg

新しい壁と、その後ろに配管&電気配線を設置するため、
メタルのバーで骨組みを作ってから、プラスターボードを設置。

この部屋の壁はすべて、同じ方法で新しい壁作り。

d0010182_05343370.jpg

隣の家と接していない壁と、エクステンションの壁部分には、
契約書には入ってなかったけどビルダーさんが断熱材を入れてくれた。

d0010182_05343381.jpg

天井も補修し、プラスターボードが貼られた図。

d0010182_05343349.jpg

元々は通路の役目を果たしていたこの凹み↓↓は、
バスルームとのセパレーションの壁を作って、
手前に出来た凹みにはサイズに合った冷蔵庫を置く予定。
このグリーン壁面には、この部屋専用の新しいキッチンを設置。

d0010182_05343119.jpg

エクステンションのための鉄骨と、
曲線になっている穴↓↓は、
ポンプシステムのためのパイプを埋める通路。

d0010182_05343284.jpg

そして上の四角い穴は、カーブが発掘された入口

カーブの使い道がないため、結局この入り口は塞ぎ、
ステュディオのフローリングの下に再び埋蔵されるカーブ。

この部屋のバスルーム④も、まだここまで。

d0010182_05363968.jpg

リノベーションは上の階から始めていて、
この部屋と隣にあるもうひとつの部屋が一番階下のため、
最も進行状況が遅く、現時点ではここまで。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-18 05:47 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム④の改装前。
この部屋が家の中で一番、手を加えるのが少ない部屋。

d0010182_08303935.jpg

この石壁2面は保存して、壁紙2面はペンキの壁に。

d0010182_08303945.jpg

ウォールライトを取り付けるため、
電気配線を壁の中に埋め込む作業。

d0010182_08434755.jpg

コンセントの配線を新しくするため、
石壁の中に電気配線を埋め込む作業。

d0010182_08434819.jpg

この家の天井すべてに、小さめ~大きめのヒビが入っていて、
この部屋の天井は特にひどい状態。

d0010182_08303981.jpg

ヒビの入った部分を広く削ってから、
プラスターでの補修作業。

d0010182_08434741.jpg

古いカーペットの下に眠っていた、
オリジナルのフローリングを復活させる。

d0010182_08434789.jpg

この部屋は見晴らしがよくて、すごく明るいから、
フローリングをもっとダーク系にしてもいいかも。

d0010182_08434849.jpg

この後、スカーティングボード(幅木)を取り付けて、
壁のペンキを塗って、照明器具を接続すれば完成!

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-16 21:10 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム③の改装状況。
改装前のベッドルーム↓↓

d0010182_07394266.jpg

ここは一番上の階の屋根下にあたる部屋。
収納がある一番天井高が低いところで170㎝、一番高いところで280㎝。
なので、低いところでもまずまずの天井高があるため圧迫感は感じない。

d0010182_07394370.jpg

まずは、2面ある壁紙を剥がしてペンキ壁の下準備。
あと1面は石壁のまま保存。

d0010182_07394346.jpg

電気系統を新しくするための配線埋め込み。

d0010182_07394349.jpg

小さな天窓があったけど、大きなものに取り換える作業。

d0010182_07394246.jpg

この場所は天井も新しくやり直し。

d0010182_07394214.jpg

大きくなった天窓で、一気に明るさも倍増。

d0010182_07394240.jpg

古いカーペットの下には、オリジナルのフローリング。

d0010182_07394232.jpg

復活させるためにサンディングが完了し、
この後オイルを塗れば、床は出来上がり。

あとは、スカーティングボード(幅木)を取り付けて、
壁のペンキを塗って、照明器具を接続すれば完成!

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-13 07:45 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム②の少しだけ進んだ改装状況。
改装前のベッドルーム↓↓

d0010182_18511114.jpg

この部屋の暖炉は、もちろん保存。
壁2面は古い壁紙を剥がして、ペンキの壁に。
あとの2面は石壁のまま。

d0010182_18511195.jpg

電気配線をすべてやり直すため、
新しい配線を石壁の中に入れる作業。

d0010182_18511179.jpg

ここもベッドルーム①と同じ方法で、
つり天井にLEDを内蔵する作業。

d0010182_18511150.jpg


d0010182_18511003.jpg

壁&天井ともにペンキの下地まで出来て、
一気に部屋らしくなってきた。

d0010182_18511057.jpg

最後にペンキ2度塗りと、古いカーペットを剥がして、
オリジナルのフローリングの上に
ふかふかのカーペットを敷けば完成。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-07 07:53 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
ベッドルーム①の少しだけ進んだ改装模様。
これは改装前の状態↓↓

d0010182_17042326.jpg

絨毯の下をめくると古いフローリング。
最終的には、新しいフローリングを敷く予定。

d0010182_17042256.jpg

まずは、前回もアップした暖炉の解体

d0010182_17042209.jpg

その後、天井にLEDライトを入れるために、
前もって作成してビルダーに渡しておいた、つり天井の詳細。

d0010182_17042266.jpg

これに従って、つり天井の設置がスタート。
つり天井を作る前には、電気のワイヤリングもあり。

d0010182_17042221.jpg

まずは出来上がりのアウトラインのレールを打ち付けて、
現在ある天井の一部を開けて梁の場所を確認し、
そこに新しい天井を吊り下げるためのレールを設置。

d0010182_17042275.jpg

35cmくらいの間隔でレールを梁に固定。

d0010182_17042112.jpg

そこへプラスターボードを固定。

d0010182_17042356.jpg

オリジナルのモールディングを生かしながら、
それに沿ったシェイプにしていく。

d0010182_17134505.jpg

薄っぺらいつり天井だとおかしいので、
ボーダーは立ち上げを作ってもらい厚みを出す。

d0010182_17042308.jpg

この後、つり天井の裏側にLEDレール&ライトを設置し、
下地ペンキとペンキ塗りx2。
スイッチオンすると、つり天井の周りにLEDがライトアップされ、
間接照明になる天井の出来上がり。

つり天井に関しては、ほぼ完成の図。

d0010182_17042358.jpg

最終的には、つり天井の真ん中にシャンデリアと、
シャンデリア用のモールディングも付けて完成。

今回のビルダーさんは、すごくいい人たち。
でも、モダンなことをしたことがないみたいで、
今回のつり天井+LEDをするのは初めてで、
ちゃんと出来るか心配だったけど思ってた通りになって、ほっ。

実は、1週間前からボルドー入り中~。
なので、下書きしていたブログのアップはここまで。
時間があれば、工事の続きをアップしますが、
それまでは、ボルドーからインスタで。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-05 17:32 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
改装前のすべて撤去したバスルーム④↓↓

d0010182_17153762.jpg

ここでの作業は、
→ すべての電気配線工事。
→ すべての配管変更工事。
→ 新しいサニタリー類のレイアウト変更&設置。
→ 壁全体のタイル張り替え。
→ 床に防水ボードを張ってタイルを張る。

プラスターボードが設置されたあとを見てみると、
思った以上に狭くなってる...

d0010182_17142513.jpg

配管を旧壁と新壁の間に入れたのと、
反対側の壁には電気の配線を入れたこと、これはオーダー通り。
オーダー以外に、壁が真っすぐではなかったので一番手前の壁に合わせて
プラスターボードを設置したということで、
トイレ側の壁の中にはかなりの空間ロスが出来てしまった感じ。
元々、狭いバスルームなんで壁の真っすぐなラインを優先するよりも、
少しでも空間をキープすることを優先して欲しかった。

d0010182_17142552.jpg

こういう進行中の細かな判断はビルダーさんの独断で実行されることが多く、
その判断が私たちと同じなら問題ないけど、
時々、お互いの優先順位が違ってしまうことがある。
ビルダーさんも良かれと思ってしてくれたことなんで悪くはないけど、
この幅でシンクを設置したらすぐ後ろが壁で、
その奥にあるトイレに行くのがかなり狭い。

こういう事ってデリケートで、もちろん全部やり直してもらうことも可能だけど、
ここがメインのバスルームではないため、そこまで重要度が高くないのと、
ビルダーさんの善意も尊重したいので、ここでの一番問題となるポイントに焦点を置き、
色々と考えた結果、一番問題のあるシンクの部分だけ、
できる限り壁中の空間を作らずにプラスターボードを貼ってもらうことに。

その部分だけやり直してもらった図↓↓

d0010182_17142504.jpg

小さな凹だけど、この5㎝が重要なほど狭い。^^;
そしてこの斜め後ろにはタオルヒーターを付けるので、
その部分も同じように凹ませてもらうことに。

d0010182_17142556.jpg

多々発生するこういったケースで一番重要なのは、
ワタシたちとビルダーさん、お互いの信頼関係やプライドを壊さないこと。
一度でもお互いが嫌なわだかまりを持ってしまうと、
長い目で見ると、最終的には私たちが損することになるから。
人間誰でも、嫌な人に対していい仕事をしようとは思わなくなるもの。
こっちが彼らにとってお客さんであろうと、
お互いをリスペクトした解決策を見つけるのが大前提。

このバスルームの進行状況は、現時点ではここまで。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-03 21:42 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
エントランス部分の改装。
ドアも壁も床も、すべて大変身する予定。
d0010182_15395579.jpg

まずは、古い壁紙と木のモールディングを撤去して、
新しいモールディングパネルを貼ることと、
フロアーのモザイクタイルを剥がして、新しいタイルを貼る作業。

d0010182_15395554.jpg

フロアーのモザイクは、たぶんこの家が建てられた当時のオリジナル。
家が建てられた正確な年ははっきりしないけど、恐らく1900年くらい。
好みのモチーフのモザイクなら保存したいけど、
自分の趣味と違うので、勿体ないけど新調。

モザイクを剥がして薄くコンクリートを敷き、平らになった床。

d0010182_15402483.jpg

そして、壁紙の撤去がスタートすると...

d0010182_15421126.jpg

壁紙の下から、別のモールディング?!

d0010182_15402318.jpg

壁紙を剥がすと、なんと下からモールディングの絵画が壁全体に!!
壁紙で隠れていたけど、これも恐らく1900年当時のもの。
保存状態が良く、すごくリアルに3Dで描かれていて、
初めダンナが写真を送ってくれたときは意味が分からず...

d0010182_16004373.jpg

昔の人は、本当に仕事がキレイな~と実感。
これも自分の趣味ではなく、復旧にもお金が掛かるだろうし、
勿体ないけどモールディングパネルとペイント壁にするため、
壁全体にプラスターを塗って下準備。

d0010182_15403228.jpg

壁に取り付けるライトの電気配線もスタート。
この配線は、今回のボルドー入りしてるときに始まったけど、
チェックしたら、ライトの間隔がおかしかったのでやり直してもらった。
あ~、危ない、危ない。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


by cinq-etoiles | 2017-12-01 16:23 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles