カテゴリ:Malta【マルタ島】( 5 )

マルタ島★グルメ


まずランチに1件、目を付けていたレストラン。
ココはダンナ両親が今年行って、すごく美味しかった!と言ってたところ。

<Da pippo> 136 Melita St. Tel: (356)21.24.80.29
d0010182_18312043.jpg
12時くらいに行ったけど、すでに予約で満席。
しかもココ、月~土のランチのみの営業のため、
ワタシたちは土曜日のランチを逃したため、
ディナーも日曜日もやってないんで残念ながら行ずじまい。

なので、別のレストランを探すことに・・・
通りかかって、見た目よさ気なレストランへ。
Spezzo
d0010182_18313385.jpg
<Spezzo> 113 Archbishop St. Tel: (356)21.22.85.00
d0010182_18314554.jpg

この日の日替わりスターターに、ボンゴレパスタがあったんで、
スターターとして、ボンゴレをオーダー。
出てきたボンゴレ、メイン以上の量!
でもこのボンゴレが、今まで食べた中で一番美味しい!と思えるほど美味♪

メインは、魚のグリル⇒これは塩気が多かったのが残念。
そして、付け合せの野菜&ポテト⇒かなりの大量!
どうやらマルタの食事ポーションは、全体的にすごい量っぽい。

******************************************

ディナーに行った、ホテルのレストラン。
Phoenix Restaurant

d0010182_1832510.jpg
<Phoenix Restaurant> Hotel Phoenicia, FRN 1478 Tel: (356)21.22.52.41
d0010182_18322069.jpg

メインは、じっくり煮込まれた子牛が柔らかくて美味しかった。
デザートは、クレープ・シュゼット。
クレープはやっぱり本場ブルターニュで食べるのがダントツ。

******************************************

最後の日に行ったランチ。
St Julian'sにあるSan Giuliano
d0010182_18335752.jpg
<San Giuliano> 4 Joseph St, Julian's Tel: 21.35.20.00
d0010182_18341050.jpg

魚介類のグリルと、魚介類のフライをシェア。
どちらも素材の味がそのまま生かされていて美味しかった。

******************************************

食事関係は全く期待していなかったけど、なかなか美味しかった♪

イギリスのサブくて暗い冬に、仕事を休まず金曜夜~3時間で脱出し、
青い空と暖かい気候を週末に味うには持ってこい。
オフシーズンなのに、町中は人で賑わっていて閑散とした雰囲気じゃないのも◎

d0010182_1834266.jpg

逆に、長く滞在するとすることがなくなって退屈してしまいそうなんで、
1泊2日、もしくは2泊3日だと濃くていい印象の旅行になると思う。
物価も安く、新鮮なシーフードが食べられるところも魅力。


****************************

マルタ島★フライト&ホテル
マルタ島★観光Part.1
マルタ島★観光Part.2
マルタ島★観光Part.3

****************************
by cinq-etoiles | 2010-12-29 18:36 | Malta【マルタ島】 | Trackback | Comments(2)

マルタ島★観光Part.3


先日のバスツアーの時に通過した町、セント・ジュリアン(St Julian's)。
実はヴァレッタの町よりも、こっちのほうが栄えてる風。

なので、この日はセント・ジュリアンまで行ってみることに。
クルージングの出発地点がスリーマ(Sliema)という町で、
ヴァレッタ⇒スリーマまでタクシーで行ったときは20ユーロ。

スリーマ⇒セント・ジュリアンは近いんで、ローカルのバスに乗ってみることに。
どこで降りればいいのかサッパリ分らなかったんで、
後ろに乗っていた地元のオニイチャンに、セント・ジュリアンはどの辺りで降りればいいか訪ねたら、
具体的にどこに行きたいか聞かれ、「レストランがいっぱいあるところ」と、
子どものような答えにも優しく対応、それらしきバス停に着いたら教えてくれた。
d0010182_9533145.jpg

到着したところは、きっとセント・ジュリアンの中心地ではなさそうな感じ。
でもセント・ジュリアンの一部で、小さな入り江が可愛らしく、
感じのいいレストランが点在してた。

d0010182_9534543.jpg

ヴァレッタの町は古い建築物がほとんどで、中世の面影があるけど、
その他の海沿いに開拓されている町は、モダンなマンションがギッシリ並ぶ風景。
全く想像していなかったんで、ちょっとビックリ。

d0010182_954655.jpg
そしてランチに、美味しそうなレストランを発見。
このガラス張りになってるレストランで海を見ながらランチをして、
夕方のフライトに間に合うようにヴァレッタに戻ることに。

ヴァレッタ行きのバスは、ヴァレッタが終点のため降りるのは簡単なんで、
またまたローカルバスに乗ることに。
時間にすると、セント・ジュリアン⇒ヴァレッタは20分くらいの距離。
マルタのバスは、こんなレトロなバス。(新型も少しアリ)

d0010182_9541914.jpg
そして、バス料金までレトロ・・・

バス、一人50セント(約¥70)
タクシー、20ユーロ(約¥2600)

バス、安いーーっ!!
地元の人が使ってるバスなんで、いかに物価が安いことが分る。
初めからバスに乗っておけば良かった。^^;

次回は、グルメ編・・・★

****************************

マルタ島★フライト&ホテル
マルタ島★観光Part.1
マルタ島★観光Part.2
マルタ島★グルメ

****************************
by cinq-etoiles | 2010-12-28 09:55 | Malta【マルタ島】 | Trackback | Comments(1)

マルタ島★観光Part.2


ヴァレッタの町も見終わったし、いつもながら無計画に来たんで
特にすることが思い付かず、ホテルのコンシェルジュに聞いたら、
「観光バスでマルタ島を周ったら?」のアドバイスを受け、実行。

周るルートは何コースかあったけど、下記のコースをチョイス。
Sightseeing Hop On Hop Off North Tour

d0010182_0425875.jpg
一人15ユーロで、何度でも好きなところで乗り降り可能で、
降りたあとは、次のバスに乗ればいい。
でも、ワタシたちが乗ったバスは、ラストから2番目に周遊してるバスだったんで、
降りてもいいけど、次のバスを逃すともうバスがない・・・という時間だったため、
バスから降りずに、ずーっと乗ったままで1周することに。

d0010182_0431561.jpg
各言語の観光イヤホンガイドを付けて、各スポットの案内を聞いていたけど、
途中、ワタシもダンナも寝てたー・・(爆)
実はこの周遊ルート、出発地点に戻ってくるまで3時間もあった!
そりゃ、寝るわ。。。

ちなみに写真は、マルタ島内陸の景色。
途中、内陸の大き目の町に着いたけど、とりあえず降りてもそんなに時間がないんで、
窓から眺めるのみ、、、どんな町だったのかな~?

途中、こんなキレイな教会も。
d0010182_043427.jpg
ツアーが終わってバスを降りたら、同じチケットでクルージングも楽しめるとのこと。
そう、一人15ユーロで、バスツアー3時間+クルージング1.5時間付き!
どんだけ安いねん~・・

というワケで、翌日はそのクルージングへ⇒Latini Cruises
ちょっと年季の入った船に乗って、クルージング出発。

ココ↓↓は、ヴァレッタの対岸にあるヨットハーバー。
d0010182_0435850.jpg
そして、海から見たヴァレッタの町↓↓

d0010182_0441263.jpg
ココは↓↓ヴァレッタ対岸の町。

d0010182_0442765.jpg
ガイドのおじさんの笑いを入れた説明とともに、1時間半。
船に乗ってると、結構海風が冷たいんで、ご丁寧に毛布まで貸してくれます。

d0010182_0445322.jpg
終了したころには、すっかり日も暮れ・・・

d0010182_045948.jpg
ディナーに繰り出しました。

次回も、観光編・・・★

****************************

マルタ島★フライト&ホテル
マルタ島★観光Part.1
マルタ島★観光Part.3
マルタ島★グルメ

****************************
by cinq-etoiles | 2010-12-27 00:45 | Malta【マルタ島】 | Trackback | Comments(2)

マルタ島★観光Part.1


前日、深夜着でホテルに着いてからもしゃべっていて、
結局、就寝したのが3:30くらいだったにも関わらず、
短い滞在のため、9:00起きで朝から元気に行動=3

ヴァレッタ(Valletta)の町は、マルタ島の東に位置していて海に長細く突き出した感じ。
この町は世界遺産に登録されています。

d0010182_18105274.jpg

とりあえず、ヴァレッタの町を散策することに・・・
d0010182_181197.jpg
町の中央に位置する唯一のメインストリートは比較的メンテナンスが行き届いた建物で、
メインストリートから外れると、古いままの建物が多く、
全く手入れされていなくて朽ちかけてるものから、いい感じに味が出てるものまで様々。

d0010182_18113215.jpg
右一番下の、このグリーン窓の写真↑↑
写真を撮ったのに、どーみても絵画に見える。(笑)

そして普段、ロンドンで見慣れているモノまで。
d0010182_1811489.jpg
長らくイギリスの支配下にあった名残り。

そしてヴァレッタの町の先端から、同じ島の対岸の眺め。
d0010182_1812218.jpg
海岸沿いを歩きながら、
ヴァレッタ町の入り口へ戻るような感じで進むと公園を発見。

アッパー・バラッカ・ガーデン(Upper Barrakka Gardens)
d0010182_1812283.jpg
ここからもキレイな対岸の眺め。

d0010182_18124324.jpg
ヴァレッタの町は小さく、ワタシたちが歩いたこの南半分側の往復ルートで約1時間くらい。

町を歩いていて面白いものを発見。
それは、日本の中古車!!
日本の"車庫証明"と"車検"ステッカーが貼られた車を見かけ、
初めは、「マルタ在住の日本人かな?」と思っていたけど、
結構な台数を見かけるんで、恐らく日本中古車の売買ルートがある様子。
しかもどの中古車も、比較的新しい車種。
日本で使用されていた車が、こんな小さな島まで運ばれて活躍していることに驚いた。
そしてみんな、日本語のステッカー貼ったまま。。。

次回も、観光編・・・★

****************************

マルタ島★フライト&ホテル
マルタ島★観光Part.2
マルタ島★観光Part.3
マルタ島★グルメ

****************************
by cinq-etoiles | 2010-12-25 18:13 | Malta【マルタ島】 | Trackback | Comments(0)

週末だけで行ける遠くない暖かいところ・・・と考えた結果、
まだ行ったことのないマルタ島へ行ってみることに。

マルタ島は、イタリア・シチリア島のスグ下に位置。
ちょうど1年前の同じ時期にシチリアに行ったんで気候的には同じ感じ。
d0010182_6121712.jpg
ロンドンからは、ヒースロー空港からAir Maltaで3時間。
ダンナの仕事が終わってから、金曜日の20:30発→00:40着。
Air Maltaのフライト時間、金曜夜便があるということもあって、今回のマルタ旅行決定。

ヒースローは前日から降っていた雪の影響はまともに受けなかったものの、1時間遅れで出発。
マルタのLuqa空港からホテルまでのタクシーを事前予約していたけど、
到着してもいないのでTELすると、「今からすぐに向かいます。」と、そば屋の出前状態。
30分くらい待って、ようやく到着したタクシーのおっちゃん。
お酒のニオイがプンプンしてて、「スピードを出したら注意しよう!」と決め乗り込むことに。
結局、運転もスローで、とにかく深夜で車もほとんど走っていなかったため無事到着。
空港→ホテルがあるヴァレッタ(Valletta)の町までは、20分ほどの距離で18ユーロ。

マルタのタクシーはメーター制ではなく、ゾーン制。
なので、予約したタクシー会社も、空港にいるタクシーも同じ料金。
ワタシたちの場合は深夜に空港着だったため、念のため予約したけど、
深夜でも空港にタクシーは待機していたので問題なし。

ちなみに、ワタシが予約した現地のタクシー会社は⇒コチラ
行き&帰りを予約していたけど、結局、帰りもホテルに来なかった。(笑)
現地での利用後の現金払いのため全くリスクはないけど、
ココはあてにならないんで使わないことをオススメします。(爆)

d0010182_6124789.jpg
ホテルは、首都ヴァレッタにあるHotel Phoenicia
d0010182_613314.jpg
今回の旅行は全く期待していなかったんで(笑)、
滞在先も何も調べずに、ただ単に"首都"というだけで決定。
d0010182_6132190.jpg
マルタ島は元々物価が安く、さらにオフシーズンだったんでホテルも安い!

次回は、観光編・・・★

****************************

マルタ島★観光Part.1
マルタ島★観光Part.2
マルタ島★観光Part.3
マルタ島★グルメ

****************************
by cinq-etoiles | 2010-12-24 06:13 | Malta【マルタ島】 | Trackback | Comments(3)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles