ボルドーの家、改装~!<バスルーム④ 解体&撤去、New壁&天井編>

改装前のすべて撤去したバスルーム④↓↓

d0010182_17153762.jpg

ここでの作業は、
→ すべての電気配線工事。
→ すべての配管変更工事。
→ 新しいサニタリー類のレイアウト変更&設置。
→ 壁全体のタイル張り替え。
→ 床に防水ボードを張ってタイルを張る。

プラスターボードが設置されたあとを見てみると、
思った以上に狭くなってる...

d0010182_17142513.jpg

配管を旧壁と新壁の間に入れたのと、
反対側の壁には電気の配線を入れたこと、これはオーダー通り。
オーダー以外に、壁が真っすぐではなかったので一番手前の壁に合わせて
プラスターボードを設置したということで、
トイレ側の壁の中にはかなりの空間ロスが出来てしまった感じ。
元々、狭いバスルームなんで壁の真っすぐなラインを優先するよりも、
少しでも空間をキープすることを優先して欲しかった。

d0010182_17142552.jpg

こういう進行中の細かな判断はビルダーさんの独断で実行されることが多く、
その判断が私たちと同じなら問題ないけど、
時々、お互いの優先順位が違ってしまうことがある。
ビルダーさんも良かれと思ってしてくれたことなんで悪くはないけど、
この幅でシンクを設置したらすぐ後ろが壁で、
その奥にあるトイレに行くのがかなり狭い。

こういう事ってデリケートで、もちろん全部やり直してもらうことも可能だけど、
ここがメインのバスルームではないため、そこまで重要度が高くないのと、
ビルダーさんの善意も尊重したいので、ここでの一番問題となるポイントに焦点を置き、
色々と考えた結果、一番問題のあるシンクの部分だけ、
できる限り壁中の空間を作らずにプラスターボードを貼ってもらうことに。

その部分だけやり直してもらった図↓↓

d0010182_17142504.jpg

小さな凹だけど、この5㎝が重要なほど狭い。^^;
そしてこの斜め後ろにはタオルヒーターを付けるので、
その部分も同じように凹ませてもらうことに。

d0010182_17142556.jpg

多々発生するこういったケースで一番重要なのは、
ワタシたちとビルダーさん、お互いの信頼関係やプライドを壊さないこと。
一度でもお互いが嫌なわだかまりを持ってしまうと、
長い目で見ると、最終的には私たちが損することになるから。
人間誰でも、嫌な人に対していい仕事をしようとは思わなくなるもの。
こっちが彼らにとってお客さんであろうと、
お互いをリスペクトした解決策を見つけるのが大前提。

このバスルームの進行状況は、現時点ではここまで。

*************************************

その他のリノベーション記事は、
コチラ…→ ボルドー・メゾン改装

*************************************


トラックバックURL : http://cinqetoile.exblog.jp/tb/26221331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by cinq-etoiles | 2017-12-03 21:42 | ボルドー・メゾン改装 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles