ランチ "Launceston Place"

週末ランチに、Launceston Placeへ。

実はこのレストラン、6年前の2008年に行ったときに、
あまりの量の少なさにガッカリして、それ以降リピしていなかったところ。

当時はオープンした直後で、それからシェフも変わり、2012年には1つ星も獲得。
なので、かなり久々に再訪してみることに。

d0010182_18312879.jpg

スターターは、ダックエッグが主役となった1品。
ほうれん草、セップ茸、鴨肉、きのこのソースの組み合わせが美味しい!

d0010182_1832786.jpg

メインは、ホワイトダック(ジビエ)。
基本、ジビエは好きだけど、これはちょっとクセが強かった。
でも素材の良さと、サイドのガルニチュールの美味しさで満足感あり。
デザートは、チョコレートムース×カラメリゼバナナ。
しつこくない甘さで、チョコ系デザートが苦手なワタシも◎

感想としては、1つ星という評価がピッタリの美味しいレストラン。
以前とは全く違って、量も普通に。(←ちょい多いくらい。)

食べ終わってふと思ったのは、先日行ったThe New Angelに似てるな~と。

それもそのはず、今回のこの記事をブログにUPしようと調べていると、
現在のココのシェフTim Allen氏は、The New Angelのシェフ、
John Burton-Race氏の元で働いていたそう。

通りで、味やスタイルが似ていて、どちらも好きと思った味。
ココは、リピ決定~!

トラックバックURL : http://cinqetoile.exblog.jp/tb/21393484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by cinq-etoiles | 2014-12-15 19:19 | 食*UK【高級ブリティッシュ】 | Trackback | Comments(0)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles