自宅大改装!◆1トン!鉄骨フレーム編

今回の改装で、最も緊張した大掛かりな工事部分。
それは、バスルーム&キッチンとリビングを仕切っていた壁を取り除くこと。

この↓↓白い壁の大部分と上部の収納をすべて取っ払い=3

d0010182_250655.jpg

この打ち抜こうとしてる壁、、、実はウチの上に数階ある全フラットを支えていて、
厚さ35cmもの大黒柱ならぬ、大黒壁=3

なので、その抜いた壁部分には、代わりとなる鉄骨フレームを設置。
上階の数階分はもちろん存在したままで、支柱壁を抜いて鉄骨に変更するという大仕事。

下の写真に写っているのは、ワタシの相棒(笑)ビルダーG氏。
彼の足元に横たわる、4m強あるH型鉄筋。
これが4本あり、組み合わせてフレーム型にして使う大黒壁の代役。

d0010182_2502492.jpg

ここで登場するのが、構造エンジニア会社の人々。
厳密な計算と設計図で、抜いた壁部分の代わりとなる鉄骨のタイプ、
長さ・太さ・強度レベル、進行手順などを出してもらって、それに従って工事を進行。

d0010182_250403.jpg

この段階でミスしていると、何十トンもの上階を支えることができず、
徐々に建物にヒビが入って、建物構造にダメージを与え、
取り返しのつかない大きな被害にもなり兼ねない責任重大なステージ。

テクニック、正確さ、慎重さが必要となる工事だけど、
実は今回のビルダー、こういう工事は初体験=3

経験がないため、ワタシたちも含め、もうみんなでキンチョーしまくり!!

構造エンジニアに、何度も現場に来てもらったのはもちろん、
ビルダーがエンジニアのオフィスへ行って詳しい説明を受けたり、
ダンナも別の日にわざわざコンタクトをとり、説明を受けに行ったりで緊張度もMAX・・・(笑)

まずは、"ニードル"という鉄筋のバーを天井に近い部分に平行に入れ、
この6本で、壁を抜いたあとも上階を支える"テンポラリーの支柱”をセッティング。
このニードルの大きさやポジションも、すべて計算されたもの。

d0010182_2505872.jpg

そしていざ、壁を抜くと・・・
ジャーーーン!

d0010182_2512619.jpg

バーがいっぱいで分かりにくいけど、すっかり壁がなくなって、
壁の向こうにあったバスルームとキッチンの窓が見える状態に。

そして鉄骨フレームのボトムとなる部分を床に埋め込む作業開始。
床を掘り下げていくと、、、出た!バイプ・・・><

d0010182_2514467.jpg

古い建物なんで、これまでもあちこちから得体の知れないパイプは色々出てきたけど、
ここに出られると、すっごく困る。

何のパイプかを調べるため、いろんなところから水を流して音を聞くという、
原始的な方法で調べたけど、パイプの壁が厚いらしく全く音が聞こえないけど、
恐らく、位置的にテラスから繋がってると予想され、このパイプはカットできないと判断。
他のプロにも確認を・・・と言うことで、ビルディングコントロール会社に依頼し、
この上にコンクリートを流し込み、その上に鉄骨バーを設置可能か調査してもらうことに。

結果、パイプの強度、鉄骨の深さもぎりぎりパスし、
パイプ ⇒ コンクリート ⇒ 鉄骨 ⇒ コンクリートの順で作業。

d0010182_25274.jpg

ボトムの鉄骨を設置後、コンクリートで固め、
サイドの2本の鉄骨を設置、それから上部のバーを組み入れてフレーム完成。

これの鉄骨の合計が、約1トン!

d0010182_2522785.jpg

もちろん、ビルダーの力では持ち上がらないんで、
鉄骨会社の人に依頼し、移動式ジャッキのようなもので持ち上げたらしい。

というのも、この作業の日は、多数のビルダー+鉄骨会社の人たちで満員、
プラス、危険な作業現場だったため、毎日現場監督に行ってたワタシでさえ、
この日は立ち入り禁止、発令~!・・・見たかったなぁ~。(爆)

この一連の作業にかかった時間は、約2週間。
こうしてドッキドキの大仕事も、無事完了~!

そして以前あった壁の位置から2mほど手前の位置に、新しい壁を作る作業がスタート。

d0010182_252521.jpg

日本でも何度か実家を建てた経験があって、工事現場を見たことがあったけど、
日本の家は木組みが基本になって建てられてるんで、
精密な作業で成り立っていて技術的なスキルを感じるけど、
こっちのブロックで作る行程がおもちゃみたいで、ワタシでも出来そう!(笑)

こうして、新しい壁の基礎が完成!

d0010182_2531190.jpg
この後、プラスターボードが付けられ、一気に部屋らしくなる。
この↓↓壁と天井の凸部分が、鉄骨フレームの名残り。

d0010182_2532942.jpg

なぜこの部分を天井や壁の中に入れて隠さなかったというと・・・
ウチの建物は歴史的保護建築物に指定されているため、
この部分に"壁が存在したという証し"を残すべし!という、
カウンシルの完全に意味不明な保守的なルールがあるため、
部屋の真ん中に凸部分が残った状態に・・・

d0010182_2534634.jpg

そして、あのおもちゃのブロック塀が、完璧な壁に完成!

d0010182_254851.jpg

こうして、以前あった壁を取り去り、鉄骨フレームを入れ、
別の場所に新しい壁を作るという、今回の改装で一番大きな工事が無事終了~。

次回はいい加減(笑)、最終回=3



****************************

自宅大改装!◆初めの第一歩、ペーパーワーク編
自宅大改装!◆工事の進行方法
自宅大改装!◆収納スペース編①
自宅大改装!◆収納スペース編②
自宅大改装!◆マテリアル選び・バスルーム編
自宅大改装!◆マテリアル選び・キッチン編
自宅大改装!◆マテリアル選び・フローリング編
自宅大改装!◆ライティング編
自宅大改装!◆こだわりのハンドル編
自宅大改装!◆ペンキ&ウォールペーパー&カーテン編
自宅大改装!◆最終回ハイライト!ビフォー&アフター編

****************************


トラックバックURL : http://cinqetoile.exblog.jp/tb/20523531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yubikingwell at 2014-04-03 06:08
読んでて、こっちも、ど緊張した〜〜〜(汗)
by cinq-etoiles | 2014-03-31 03:12 | 改装/DIYのコト | Trackback | Comments(1)
Portfolio

ロンドンから食いしん坊情報、 発信中~!


by cinq-etoiles